MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

 

くるんと耳がカールしているのがチャームポイントのネコ「アメリカンカール」についてです。

american_curl

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスby hungrynerd

Sponsored Link

アメリカンカールの起源

「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”野良猫”です。
アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日耳がカールした子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。
グレース&ジョールー夫妻は、この猫に「シュラミス」という名前をつけて育てました。
「シュラミス」 はやがて4匹の子猫を産み、そのうち2匹が母親と同様に耳がカールしていた子猫でした。
「アメリカンカール」という品種のネコは、この「シュラミス」が起源とされています。
「アメリカンカール」は全てこの「シュラミス」の血を引いているネコということになります。
耳がカールしているのは、突然変異によるものではないかと予測されています。

アメリカンカールの特性

「アメリカンカール」には、長毛種(毛が長いネコ)と短毛種(毛が短いネコ)がいます。
もともとは全てが長毛種だったのですが、品種改良されるうちに短毛種が生まれたようです。
「アメリカンカール」の一番の特徴は、耳がカールしているところ。
ブリーダーなどにとっても、この耳のカールしている度合いが重要だと言われます。
耳は90度から180度カールしているネコもおり、大きさはやや大きめです。
耳の付け根は幅広くてゆるやかに後ろにそっており、耳の先端は丸い形をしています。
耳のカールしている方向は、後頭部に向かうようにくるんとカールしています。
「アメリカンカール」の性格は人懐っこくて、比較的おとなしいネコです。
賢いネコですので、しつけはし易いタイプです。
環境へ順応しやすい性格で、子供に少しくらいであれば手荒に可愛がられても動じず、平気な顔をしています。
好奇心が強く人懐っこいので、どこにでもついてきます。
成長してからも遊び好きで、しかも甘えてくるのでともて可愛らしいネコです。

Sponsored Link

「アメリカンカール」の基本データ

英語表記 American Curl
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1981年
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:ホワイト、ブラックなどの単色、バイカラー、トータシェル、タビーなど全色、目色:毛色とは無関係

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

アメリカンワイヤーヘア : 曲がった毛先が特徴の猫

曲がった毛先が特徴のネコ「アメリカンワイヤーヘア」という品種のネコについてです。「アメリカンワイヤーヘア」の原種は、我が家のメオと同じ「アメリカンショートヘア」です。

オリエンタルショートヘア : しなやかで美しいプロポーションの猫

「オリエンタルショートヘア」は毛足が短くて細く、サテンのように光沢のある毛並みをしています。性格は、とても活発で好奇心旺盛、一日中動き回っています。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

スノーシュー : 白い靴下を履いている猫

「スノーシュー」は、「シャム」の子猫の中に白い靴下をはいたように脚の先が白いネコを偶然に見つけたことから始まりました。その名の通り、足先が白く雪靴をはいているような、もしくは白い靴下を履いているような模様が特徴のネコです。

デボンレックス : ウェービーな毛質が特徴の“小さな妖精”

一番の特徴はそのウェービーな縮れ毛です。また耳がとても大きくて低い位置についています。喜ぶとまるでイヌのように尻尾を振ったりすることから「プードルのようなネコ」などと言われることもあるようです。

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

アメリカンボブテイル : しっぽがポンポンだ!

しっぽがチアリーダーのポンポンのように短い「アメリカンボブテイル」という品種についてです。 by Shelly