MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

 

活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコ「トンキニーズ」についてです。

tonkinese

Sponsored Link

トンキニーズの起源

「トンキニーズ」の起源は、はっきりとはわかりませんが「シャム」が先祖であることは顔つきからもなんとなくわかります。
ルーツとしての説は、1800年代のキャットショーのチョコレートポイントの「シャム」だという説、また、1930年代に生まれたゴールドの「シャム」だという説などがあるようです。
記録としても残っている「トンキニーズ」の起源としては、1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれたネコということです。
「トンキニーズ」として誕生した初期のころは「バーミーズ(バーミューズ)」のゴールドの毛並みと、「シャム」の模様が掛け合わさっていることから「ゴールデンシャム」とも呼ばれていました。
この「バーミーズ(バーミューズ)」と「シャム」の2種の関係は深いため、親同士が「トンキニーズ」の場合でも、「バーミーズ(バーミューズ)」や「シャム」の子猫が生まれることもあるようです。

トンキニーズの特徴

「トンキニーズ」の流れるようなボディーラインは、「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から受け継いだものです。
筋肉は固く発達していて筋肉質、走ったり動きまわるのが好きです。
毛並みはやや短く、つやつやと光沢があり、細くてやわらかい絹のような手触りです。
毛色はプラチナやナチュラルミンク、ブルーやシャンパンなどがあります。
頭の大きさは、変形のくさび型で、すっきりゆるやかなカーブを描いた輪郭です。
目は上部がアーモンド型に近く、下部はやや丸みを帯びていて、目の色はアクアブルーやグリーン、イエローグリーンの深く澄んだ色をしています。
耳は中くらいからやや大きくて、耳の幅よりもやや長さがあります。
また、まるで聞き耳をたてているように、少し前に傾いています。
性格は活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコで、少し落ち着きが無いともいえます。
また環境への適応能力も高く社交的なので、他の動物や子供などと暮らすのも問題ないでしょう。
飼い主に対しては充実で、深い愛情を示してくれます。
tonkinese2

Sponsored Link

「トンキニーズ」の基本データ

英語表記 Tonkinese
原産地 カナダ
誕生時期 1800年代
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:プラチナやナチュラルミンク、ブルーやシャンパンなど、目色:アクアブルーやグリーン、イエローグリーン

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ターキッシュバン : 水遊びが好きな珍しい猫

概してネコは水を嫌がる特性がありますが、「ターキッシュバン」はネコには珍しく入浴や水遊びが大好きで、泳ぐこともできます。

サイベリアン : 極寒の地ロシアで生まれた猫

「サイベリアン」は、さまざまな長毛種、「ペルシャ」や「アンゴラ(ターキッシュアンゴラ)」などの祖先ではないかと考えられています。性格は忍耐強くてたくましいネコですが、おっとりとした性格やふさふさの毛並みから温かい印象を受けます。

バリニーズ : 身のこなし方がまるで”バリの踊り子”

「バリニーズ」は、まるで羽根のような尻尾を立てて歩く”エレガント”なところが特徴です。もともとは長毛の「シャム」ですが、性格は「シャム」と比較すると穏やか。

アメリカンワイヤーヘア : 曲がった毛先が特徴の猫

曲がった毛先が特徴のネコ「アメリカンワイヤーヘア」という品種のネコについてです。「アメリカンワイヤーヘア」の原種は、我が家のメオと同じ「アメリカンショートヘア」です。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

コーニッシュレックス : パーマがかかったような毛並みが特徴の甘えん坊

「コーニッシュレックス」の一番の特徴は、とても印象的で変わっているパーマをかけたような縮れ毛。好奇心が強くて賢く頭の良いネコで、人見知りすることもないので飼いはじめでもすぐに打ち解けることができます。

シンガプーラ : “小さな妖精”

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

シャルトリュー : 全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的な猫

「シャルトリュー」は全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的なネコです。毛質は、厚くて柔らかく、弾力性があることに加えて撥水性があります。

マンクス : しっぽが短いイギリス、マン島の猫

「マンクス」は、イギリスのマン島のネコです。