MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ボンベイ : 黒ヒョウのような漆黒に輝く猫

 

黒ヒョウを意識して創りだされた猫、「ボンベイ」についてです。

bombay

ボンベイの起源

「ボンベイ」は、1958年にアメリカ、ケンタッキー州で「バーミーズ(バーミューズ)」と「アメリカンショートヘア」のブラックを交配させることで生まれた猫です。
ブリーダーにより黒ヒョウを意識して作られた品種で、猫の品種として公認されたのは1976年のことでした。
漆黒に輝いている毛並みがまるでインドの黒ヒョウのようなところから、インドの都市名である「ボンベイ」と名付けられました。

ボンベイの特徴

「ボンベイ」はもともと人に懐っこいように作られた品種ですので、飼い主に対して忠実な品種の猫です。
撫でられたり抱っこされたり、可愛がられるのが大好きです。
性格は、原種の一つである「バーミーズ(バーミューズ)」に似ているといえるでしょう。
賢くて穏やか、よく食べて体が丈夫で、どんな環境にも順応できるため、子供や他の動物と一緒に暮らすことも苦にならない性格です。
鳴き声も静かで、毛足もあまり長くないため普段のお手入れも簡単、飼育しやすい猫だといえます。
外見の特徴はなんといっても「黒ヒョウ」のような漆黒に輝いた体です。目は丸くて大きくて、色はゴールドからカッパー(銅色)、深みがあり輝いている瞳を持っています。
耳はピンと立っていてやや前方に傾いており、大きさとしては中くらいでしょうか。
耳の付け根は幅広くて先端は丸みを帯びている形をしています。
全身の毛足は、短いものから中くらいの長さまでのものがいます。
やや細めで柔らかい絹のような毛質で、サテンのような艶とエナメルのような輝きがある漆黒の毛並み。
「ボンベイ」は、全体的にモダンで都会的な印象の猫です。
体格は「セミコビー」タイプでやや太め、筋肉質で骨格もしっかりしているので、大きさの割には重い印象があります。
本物の「黒ヒョウ」と比べると、当然ですが、やはり目の鋭さや足の太さから感じられる強さが違い、「ボンベイ」は優しくて可愛らしい猫です。

黒豹

↑写真は本物の「黒ヒョウ」

「ボンベイ」の基本データ

英語表記 Bombay
原産地 アメリカ合衆国
誕生時期 1958年
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)
カラー 毛色:ブラック、目色:ゴールド、カッパー

 - 猫の品種 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事