MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

 

飼い主に従順であることから「犬のような性格のネコ」と言われる「ロシアンブルー」についてです。

russian_blue

Sponsored Link

ロシアンブルーの起源

「ロシアンブルー」の起源は、はっきりしたことはわかっておりませんが、ロシア北西部にあるアルハンゲリスク港が故郷で、1860年代に船乗りによって連れてこられたと言われています。
第二次世界大戦の前までは非常に人気のある品種でしたが、戦時中に絶滅しかけるほど数が減ってしまいました。
その後、なんとか品種を維持しようという試みにより、イギリスやアメリカで「ブリティッシュブルー」と「シャム」との交配により数が増えてきています。
「ロシアンブルー」は別名として「フォーリンブルー」「スパニッシュキャット」「マルティーズキャット」「アークエンジェルキャット」などの呼び名ももっているネコです。

ロシアンブルーの特徴

「ロシアンブルー」の体格は、長くてほっそりしていますが、短毛の厚い毛で全身が覆われているため太くみえます。
筋肉がしっかりとしているため重量感もあり、全体の印象はまさに“エレガント”。
性格は、飼い主に従順であるため「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。
とても静かで鳴くことがめったに無いため「ボイスレスキャット」と言われることも。
静かなうえ、体も丈夫なのでイエネコとして飼いやすい品種の一つだと思います。

「ロシアンブルー」の基本データ

英語表記 Russian Blue
原産地 ロシア
誕生時期
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ フォーリン(※細身)
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

マンクス : しっぽが短いイギリス、マン島の猫

「マンクス」は、イギリスのマン島のネコです。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

スノーシュー : 白い靴下を履いている猫

「スノーシュー」は、「シャム」の子猫の中に白い靴下をはいたように脚の先が白いネコを偶然に見つけたことから始まりました。その名の通り、足先が白く雪靴をはいているような、もしくは白い靴下を履いているような模様が特徴のネコです。

アメリカンショートヘア : 船乗りネコの「アメショ」

船乗りネコの「アメリカンショートヘア」。我が家の猫「メオ」は「アメリカンショートヘア」です。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

アビシニアン : 古代エジプトの猫!?

「アビシニアン」は、古代エジプトの絵画に描かれたネコとの共通点が多いといわれているようです。もともと、現在のエチオピアであるアビシニアからイギリスに持ち込まれたネコです。

カリフォルニアスパングルド : 「ヒョウ」のミニチュア

「ヒョウ」のようなネコ、「カリフォルニアスパングルド」についてです。「ヒョウ」そっくりな品種を作ることで「ヒョウ」などの猛獣への愛着を沸かせて阻止しようと考え、作り出した品種です。

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。