MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

 

心臓における先天性の病気についてです。

%e3%81%9f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%82%99%e7%8c%ab
今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)

「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」は非常に稀な先天性心臓病です。

「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」の原因・症状

「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」は、心臓の発達、分化異常によって発生する先天性心臓病です。
心臓の「心室中隔」の欠損や、「大動脈」の変異、「肺動脈」の狭窄、「右心室」の肥大が起こり、「右心室」から「大動脈」へ血液が逆流し、静脈血が流れ込むことで、皮膚、粘膜が青紫色になるチアノーゼがおこります。
「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」の猫は生まれてすぐに呼吸困難、運動不耐性、咳、発育異常、チアノーゼ、栄養状態悪化が認められます。
「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」の猫は、殆どの場合、生後1年以内に死に至る、重い病気です。
動物病院での診断は、聴診などによる身体検査から始まり、心疾患の疑いがある場合は更に追加検査を行うことで診断を行います。
胸部X線検査による心臓の大きさ、肺の状態の確認、心電図検査による不整脈の有無、心臓のリズムの確認、超音波検査による「心室中隔」の欠損孔の有無、「右心室」から「左心室」に流れ込んでいる血流の確認、血液検査による腎臓や肝臓における合併症の有無確認などが行われることになるでしょう。
治療法としては、内科治療と外科治療がありますが、内科治療では、「赤血球増加症(多血症)」を抑えたり、不整脈、失神の発生を抑えることを目的として行われます。
「赤血球増加症(多血症)」の場合は、血液を抜く瀉血(しゃけつ)、造血抑制薬の投与などが行われることになるでしょう。
(※「赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患」)
他、内科治療において投与される薬としては、「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」「利尿薬」などがあります。
心臓の拡大や重い症状が確認される場合は、内科治療による健康状態の維持管理には限界があるため、根本的な治療として外科手術を行う必要があります。
外科手術では、人工心肺装置を使用した開心術によって、肺動脈を拡大させ、心室中隔における欠損孔を閉鎖することになります。
外科手術では、「血栓症」などのリスクが伴いますので、猫の病状を考え、また獣医師とよく相談した上で決定する必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事