MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

 

「骨肉腫(こつにくしゅ)」に次いで発生率が高い骨腫瘍についてです。

ぬいぐるみと眠る猫
今回は、猫における骨の腫瘍、「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」について見ていきます。

Sponsored Link

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)

猫における「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」は、四肢に発生するよりも体軸の骨で発生することのほうが多い骨腫瘍であると言われています。

「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」の原因・症状

「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」は、症状としては別の記事でご紹介した「骨肉腫(こつにくしゅ)」(「[骨肉腫(こつにくしゅ)]四肢骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患」、「[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患」)に準じます。
猫における「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」は、発生した事例が少ないので不明な点も多々ありますが、「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」が別の部位に転移する率は、「骨肉腫(こつにくしゅ)」よりも更に低い確率で稀であると言われています。
動物病院での診断は、針を使って細胞を採取する針生検が行われることがありますが、針生検だけでははっきりとは解らないため、診断が難しいと言われています。
細胞を塊状で採取し検査する組織生検や外科手術による該当部位の摘出によって断定診断が可能になります。
「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」についても、「骨肉腫(こつにくしゅ)」と同様に、猫への痛みを引き起こしますので、治療としては痛みを抑えたり止めたりする疼痛管理が必要となります。
また、外科手術によって摘出することが第一の治療となるでしょう。
外科手術による摘出が行われれば、痛みも取り除くことができるため第一の選択肢として外科手術が行われることが多いようです。
四肢骨格における「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」の場合は断脚手術が必要になることがあります。
また、体軸骨格における「軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)」の場合は、発生部位によって摘出の内容は変わりますが、基本的には発生部位を摘出し取り除くための外科手術が行われることとなります。
外科手術での摘出が難しい部位での発生による不完全な切除、あるいは外科手術が難しい場所で発生した場合は、放射線治療が行われることもあるようです。
猫にとっては非常に辛く、重い病ですので、獣医師と相談のうえ最善と思われる治療を行い、できるだけ猫への負担を減らしてあげることも大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

代謝性ミオパシー、ステロイドミオパシー、ラブラドールレトリバーミオパシー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患のことを総称して「ミオパシー」または「ミオパチー」といいます。今回は、猫の筋肉疾患、「代謝性ミオパシー」「ステロイドミオパシー」「ラブラドールレトリバーミオパシー」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血小板減少症、免疫介在性血小板減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

常な猫の場合は止血凝固機構の働きにより血流を正常に保ちますが、血液凝固機構に異常が生じる病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

ネコカリシウイルス性関節症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ウイルス感染が原因で起こる一過性の多発性関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「ネコカリシウイルス性関節症」について見ていきます。

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における寄生虫による病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。