MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。

考える猫
今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

Sponsored Link

マダニ

「マダニ」は一般の家庭にいるようなダニとは違って、大きくて硬い外皮に覆われています。

「マダニ」の原因・症状

「マダニ」は肉眼で確認できる大きさで、およそ3〜4mmの大きさです。
昆虫は足が6本ですがマダニは8本の足を持ち、クモやサソリに近い生物です。
「マダニ」に寄生されると、長時間に渡って猫の体を掻きむしり、出血させてその血を栄養分にします。
「マダニ」は猫の皮膚に頭を埋め込むようにしてくっつき、取り除く際は引っ張って取るのではなく口器を完全に抜き取る必要があります。
そのまま引っ張って取り除き口器を抜き取らないと、患部から更に細菌感染したり膿瘍が勃ったりします。
「マダニ」を取り除くには、アルコールをマダニに塗布し死滅させて落とすという方法を取ります。
「マダニ」に寄生された犬や猫、ウサギや植物から伝染ることが多く、また人間にも伝染ることがありますので、猫に「マダニ」が確認されたらすぐに獣医師に診てもらい、適切な処置をする必要があります。
また、寄生を確認したら、猫の体だけではなく、寝具を全て取り除いて徹底的に駆除する必要があり、これを怠るとまた繰り返す事になってしまいます。

白癬(はくせん)

猫同士のグルーミング
「白癬(はくせん)」は酵母やカビの仲間である「皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)」の感染により発症します。

「白癬(はくせん)」の原因・症状

「白癬(はくせん)」に感染すると、猫は痒みを感じるため患部を掻きむしったり硬いものに体をこすり付けたりし、体のいろいろな箇所に円形脱毛が見られるようになります。
脱毛した箇所にうろこのような鱗状の白っぽいかさぶたができ、動物病院で診てもらう際は、このかさぶたを採取して顕微鏡で菌の存在を確認します。
「白癬(はくせん)」の原因である皮膚糸状菌の胞子は土の中に存在しており、直接土に触れて感染することや、また風邪で運ばれてきて感染することもあります。
皮膚糸状菌は高い感染力をもっているため、一度、被毛や表皮に感染すると増殖していきます。
「白癬(はくせん)」を引き起こす皮膚糸状菌の中には人間に感染するものも存在するため、猫に「白癬(はくせん)」が確認できたら、猫がいる場所を清潔にたもったり消毒することを徹底し、子供などがいる家庭は完治するまでは近づけないようにするなどの対処が必要です。
「白癬(はくせん)」が確認できたらすぐに動物病院で診てもらい、いち早く適切な処置を受けるようにしましょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

破傷風(はしょうふう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

傷口の汚染から感染し発症する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「破傷風(はしょうふう)」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

腎臓における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

腎臓における腫瘍が発見された時は重篤な場合が多く、そのほとんどは悪性腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「腎臓における腫瘍」について見ていきます。

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。