MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。

%e5%ae%a4%e5%86%85%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8f%e3%81%a4%e3%82%8d%e3%81%8f%e3%82%99%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

Sponsored Link

ネフローゼ症候群

「ネフローゼ症候群」とは、むくみ、腹水、タンパク尿など腎臓疾患における症状の総称のことです。

「ネフローゼ症候群」の原因・症状

「ネフローゼ症候群」の原因は、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」や「腎アミロイドーシス」、免疫系の異常や循環器障害が原因と考えられています。
(※「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
(※「腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
腎臓には「糸球体(しきゅうたい)」と呼ばれる血管網があり、「糸球体(しきゅうたい)」を血液が流れることで老廃物を濾過する機能があります。
腎臓における血液量の減少や血圧低下が起こると「糸球体(しきゅうたい)」の濾過機能が弱くなったり、あるいは機能しない状態になってしまいます。
「糸球体(しきゅうたい)」の濾過機能が機能しなくなってしまうと本来は排出されることのない血中タンパク質が尿として流れ出てしまい、低タンパク血症、高タンパク尿が起こります。
「ネフローゼ症候群」の症状としては、全身のむくみ、高タンパク尿、低タンパク血症、血中コレステロール、腹水、食欲不振、元気消失などがあります。
血中タンパク質が流出してしまうことで、血管における浸透圧はバランスが崩れて全身の水分に異常が発生し、むくみ、腹水などの症状が体に現れます。
また尿の量が減ったり、でなくなってしまうと「尿毒症(にょうどくしょう)」が発生する恐れがありますので、早めの治療が大切です。
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
動物病院での診断は、尿検査によってタンパク尿の確認や、血液検査によって、低アルブミン血症、高コレステロール血症などの確認、また身体検査で腹水などの確認によって行われることになるでしょう。
治療は原因疾患がある場合は、それに対する治療が行われることになります。
また、症状に応じて対症療法が取られることになるでしょう。
高血圧が認められる場合は、食事に含まれる塩分濃度を抑えたものを与えるようにしたり、血管拡張剤の投与などが行われることになるでしょう。
また食事療法として、低タンパク、低ナトリウム食を与えるようにしたり、安静を保つようにすることも大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

眠る子猫
重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

乳腺炎(にゅうせんえん)、乳癌(にゅうがん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の胸部における病気があります。今回は、メス猫の病気、「乳腺炎(にゅうせんえん)」、「乳癌(にゅうがん)」について見ていきます。

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。