MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。

%e8%8a%b1%e3%81%ab%e5%9b%b2%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%a6
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう)

腎臓における70%異常の機能低下によって血中窒素が上昇した状態になると異常が起こります。

「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」の原因・症状

腎臓における機能低下によって血中窒素(BUN)が上昇した状態が「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」並びに「腎不全(じんふぜん)」と言われていますが、更に臨床症状がある場合は「尿毒症(にょうどくしょう)」と呼ばれます。
腎臓では「糸球体(しきゅうたい)」という血管網を血液が流れることで老廃物を濾過しますが、腎臓における血液量の減少や血圧低下が起こると濾過機能が弱くなったり、あるいは機能しない状態になってしまいます。
腎臓の機能が低下すると、尿素などの老廃物が排出されないために血中の老廃物の濃度が高まり、血中窒素が上昇します。
老廃物が血液内に溜まっていくために異常が発生し、結果「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」といった状態に陥ってしまいます。
「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」の症状としては、口臭、食欲不振、嘔吐、脱水症状、元気消失、むくみ、心不全などがあります。
また腎不全によって赤血球さ産生されなくなるため、貧血が起こることもあります。
状態が悪ければ、「急性腎不全」「慢性腎不全」「急性糸球体腎炎」などが発症することもあります。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
動物病院での診断は、血液検査によって血中窒素(BUN)やクレアチニンの上昇を確認し、血球検査によって腎性貧血の状態確認をすることになるでしょう。
治療は、血液の量を増やすために輸液したりといった対症療法、また窒素化合物を体外に排出されるための薬剤の投与などによる内科治療、また「腎不全」などが原因となっているとかんがえられる場合は原因疾患に対する治療を行うことになるでしょう。
薬物などが原因となって発生した急性の腎不全である場合は、透析により治療が行われるでしょう。
慢性腎不全になってしまった場合、腎臓そのものがダメージを受けているため、根本的な治療は困難であると言われています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腎臓における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

腎臓における腫瘍が発見された時は重篤な場合が多く、そのほとんどは悪性腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「腎臓における腫瘍」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー、筋ジストロフィー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

の筋肉が硬直化する病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」「筋ジストロフィー」について見ていきます。

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

猫にお餅を食べさせてはいけません!

猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでの危険性は、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうというリスクにあります。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

遺伝子が関与している骨関節の遺伝病があります。今回は、猫の骨関節疾患、「骨軟骨形成異常(こつなんこつけいせいいじょう)」について見ていきます。