MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

 

猫の目における悪性腫瘍についてです。

黒猫の目
今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

Sponsored Link

目における腫瘍

老齢の猫において、目に「黒色腫」(メラノーマ)や「肉腫」、あるいは「扁平上皮癌」といった悪性腫瘍が発生することがあります。
※「黒色腫」(メラノーマ)については、以前の記事「皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気」でもご紹介しております。
※「扁平上皮癌」については、以前の記事「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気」でもご紹介しております。

「目における腫瘍」の原因・症状

「目における腫瘍」の中でも、「黒色腫」(メラノーマ)になると、目に斑点が現れて、徐々に広がることで目の色が変化してきます。
猫の両方の目において発症することは少なく、片方の目において発症する病気です。
病状が進行すると「緑内障」(※「白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気」)や、目が通常よりも飛び出してきてしまう眼球突出などが現れることもあります。
目の「腫瘍」は、過去に目における外傷があった場合に発生することが多く、悪化するにつれ目の周囲にも広がっていきます。
猫同士の喧嘩などによって目に外傷を受けた猫がいる場合は、外傷が治った後も注意深く観察するようにすることが大切です。
「扁平上皮癌」は、目の後ろ側から発生したり、または猫のまぶた(眼瞼)から発生することもあります。
その元としては上顎や鼻などからの発生が多い傾向にあります。
まぶた(眼瞼)から発生する「扁平上皮癌」の原因は、日光の照射であると考えられます。
猫の目も、普段から観察するようにし異常がみられたらすぐに獣医師に診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、細胞を塊状で採取して検査する組織生検や、X腺検査、CT検査、超音波検査などによって行われるでしょう。
「黒色腫」の場合は、他の部位へ転移する危険性もあるため、リンパ節、肺などにおける転移有無を確認することも必要となります。
治療としては、腫瘍が目のみであれば、眼球摘出手術が行われることになるかもしれません。
腫瘍の状況によっては、該当部位における外科手術や、または放射線治療が行われることもあります。
「肉腫」の場合は抗がん剤の投与による治療が行われることもあるようです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」の原因は様々ですので、原因を特定し適切な治療が必要になります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「真菌性脳炎(しんきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「ウイルス性脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォンヴィレブランド病」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

盲腸や結腸、直腸などの大腸に見られる慢性的な腸炎があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性大腸炎(まんせいだいちょうえん)」について見ていきます。

ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫のうちに親猫から感染してしまうおそれがある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘリコバクター感染症」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)

部屋に飾っている花や観葉植物の中に、特に球根や種を猫が口にすると危険な植物があります。 猫が口にしてしまうと非常に危険な植物がたくさんあります。 今回は、危険な植物の中でも、球根や種を猫が食べてしまうと危険な植物について見ていきます。 なお …