MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。

草むらの野良猫
今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。

Sponsored Link

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」は、皮膚を構成する細胞における癌です。

「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」の原因・症状

「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」の原因としては、紫外線による刺激、ウイルス感染などがありますが、原因不明の突発的な発生というケースもあります。
症状としては、耳や目の周辺、鼻などの顔面部、肛門周囲に起こることが比較的多いと言われていますが、その他の部位においても発生します。
口の中の粘膜や爪の周り、腹部の皮膚に発生することもあります。
「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」になると、皮膚にびらん、潰瘍、かさぶた、しこりができ、数ヶ月間にわたって徐々に拡大していきます。
腫瘍細胞が病変部周辺のリンパ節へ転移することもあります。
動物病院での診断は、血液検査、病変部の皮膚の病理組織検査によって行われます。
治療としては、殆どの場合は病変部を外科手術によって切除することになるでしょう。
外科的切除が難しい場合は放射線治療や化学療法が適用されることもあるようです。

皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)

「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」は比較的若年の猫に多く発症する病気です。

「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」の原因・症状

「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」は、皮膚に存在している組織球細胞が増殖することにより、皮膚に腫瘤を作る病気です。
皮膚にドーム状の腫瘤ができ、腫瘤の表面は脱毛しているか、潰瘍化していることが多いようです。
「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」は、自然退縮することもあるようですが、自然退縮しなかった場合、あまり大きくなってから切除を行うと皮膚の欠損が大きくなるため、やはり、できるだけ早い段階での切除が望ましいと言われています。
診断および治療を兼ねて、外科的に切除し、病理組織検査を行うことで診断されることになるでしょう。
病理組織検査を行うことで、肥満細胞腫やリンパ肉腫など他の厄介な腫瘍との鑑別診断を行うことで、外科的切除による治療後における予後の判定ができます。
「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」である場合は、通常は転移などもなく術後の経過も良好な場合が多いようです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

破傷風(はしょうふう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

傷口の汚染から感染し発症する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「破傷風(はしょうふう)」について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

できれば猫には食べさせないほうが良いパイナップル
できれば猫には食べさせないほうが良い果物

猫によってはアレルギー反応を引き起こしたり、カロリーや糖質、食物繊維のとりすぎになってしまう果物があります。今回は、できれば猫には与えないようがよい果物についてです。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

ニキビダニ症、円形脱毛、心因性脱毛 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

飼い主が気づきにくい猫の異変もあるため、ブラッシング時など普段から注意深く観察することも大切です。今回は、猫における皮膚病、「ニキビダニ症」「円形脱毛」「心因性脱毛」について見ていきます。