MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。

外であくびする猫
今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

Sponsored Link

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)

「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」は皮膚の血管壁に異常が発生し、皮膚への血流が十分ではないために皮膚に障害が起こる病気です。

「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」の原因・症状

「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」の原因は、感染症や腫瘍、薬剤に対する反応、糖尿病や尿毒症などの代謝性疾患、ワクチン、自己免疫性疾患などさまざまです。
「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」になると、耳介や唇、口腔粘膜、足底、尻尾などの皮膚に青あざができたり、皮膚の脱落、潰瘍などが現れます。
また、食欲不振、元気消失、発熱、歩行障害などの全身症状も現れることがります。
動物病院では、病変部の皮膚を病理組織検査することによって診断を行うことになるでしょう。
原因が明確な場合は、原因に対する治療が行われることになりますが、原因が不明な場合が多く、その場合は、ステロイド剤や免疫抑制剤の投与、ビタミンEの服用などによって治療が行われることになるでしょう。

皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群)

「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)は先天的な病気です。

「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)の原因・症状

「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)は、皮膚のコラーゲン線維形成が先天的に異常を起こしているために、皮膚が過剰に伸びてしまい破れやすくなってしまう病気です。
「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)の猫は、皮膚が伸びてしまうためシワが多く、また皮膚が破れやすい状態にあるため、ちょっとしたことですぐに傷ができてしまう状態にあります。
動物病院での診断は、背中の皮膚をつまみ上げて皮膚を伸ばして測定する、皮膚伸展指数(背中の皮膚の伸びた長さ÷後頭部から尻尾の付け根までの長さ×100)によって行います。
皮膚伸展指数が19%異常である場合は「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)の可能性が高いと言われています。
また、並行して皮膚の病理組織検査を実施し、診断されることになるでしょう。
「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)は先天性の病気で、未だ有効な治療法がないと言われています。
「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)の猫は、皮膚に気づかつかないよう普段の生活を気にする必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。

オーストリッチミニピロー
ちょっとした仮眠のために作られたおすすめグッズ、MoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズ

今回は、眠気が抜けない時に便利な、スペイン製ハンドメイド携帯ピローMoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズついてご紹介します。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。