MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

 

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。

一見深刻そうな表情の猫
今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

Sponsored Link

スタッドテイル

「スタッドテイル」は、猫の尻尾の付け根の部分に起こる皮膚炎です。

「スタッドテイル」の原因・症状

猫の尻尾の付け根の部分には、「尾腺(びせん)」という脂質を分泌する腺があります。
「スタッドテイル」は、「尾腺(びせん)」からの分泌が過剰になり、更にそこへ細菌感染することで尻尾の付け根部分に皮膚炎が起こる病気です。
「スタッドテイル」の症状としては、尻尾の付け根部分の色が黒く変色し、また皮膚炎が発症していることで、猫は尻尾の付け根の部分をしきりに舐めようとするようになります。
特に、去勢や避妊手術をした猫での発症が多いとも言われています。
このような症状が現れたら、動物病院で診てもらうことが必要です。
診断は発症部位の症状から診断され、皮膚炎が起こっている部分の毛を剃ってから消毒剤を添加したシャンプーにより洗浄することで治療が行われるでしょう。
皮膚炎の症状が悪い場合は、状況おに応じて抗生剤の投与が行われることになります。

クリプトコッカス症

「クリプトコッカス症」は、真菌の一種である「クリプトコッカス」による感染症です。

「クリプトコッカス症」の原因・症状

真菌の一種である「クリプトコッカス」は、自然界では広く存在していますが、特に鳥の糞が堆積していると増殖しやすいため、鳩の糞が多い場所などで猫や他動物を飼育するということは避けるべきです。
また「クリプトコッカス症」は、人間にも感染する病気ですので、感染してしまった猫がいる場合は注意が必要です。
「クリプトコッカス症」は、皮膚感染、および呼吸器感染が多く、加齢や抗がん剤の投与、ステロイド剤の投与、腎不全、糖尿病、猫エイズや猫白血病などのウイルス感染などによって免疫機能が弱くなっていると特に感染しやすくなると言われています。
症状としては、鼻の知覚の皮膚に瘤(こぶ)ができたりします。
全身に感染しやすい病気で、呼吸困難、元気消失、あるいは失明することもあります。
動物病院では、血液検査や病理組織検査によって行われます。
抗真菌薬の投与によって治療がおこなわれることになりますが、「クリプトコッカス症」は人間にも感染するため、治療中の対応方法については獣医師との相談の上、飼い主や家族にも感染してしまうことのないよう気をつける必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における病気についてです。今回は、猫における消化器系の病気、「巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

猫における「白血病」にも種類があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)

部屋に飾っている花や観葉植物の中に、特に球根や種を猫が口にすると危険な植物があります。 猫が口にしてしまうと非常に危険な植物がたくさんあります。 今回は、危険な植物の中でも、球根や種を猫が食べてしまうと危険な植物について見ていきます。 なお …

膣炎(ちつえん)、膣脱(ちつだつ)・過形成 : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫特有の生殖器における病気があります。今回は、メス猫の病気、「膣炎(ちつえん)」、「膣脱(ちつだつ)・過形成」について見ていきます。

腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓において発生する病気で、老猫によく見られる疾患があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」について見ていきます。

鼻におけるリンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

中齢から老齢の猫に発生しやすい咽頭部の腫瘍がリンパ腫です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻におけるリンパ腫」について見ていきます。