MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)(ニューロパシー)、自律神経障害(じりつしんけいしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

 

猫の神経系における障害についてです。

居眠り中の猫
今回は、猫の脳脊髄疾患、「末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)」(ニューロパシー)、「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」について見ていきます。

Sponsored Link

末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)(ニューロパシー)

末梢神経には、脳から出る「脳神経」と脊髄から出る「脊髄神経」があります。

「末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)」(ニューロパシー)の原因・症状

「末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)」は「ニューロパシー」または「ニューロパチー」とも呼ばれ、中枢神経系と皮膚、感覚器官、筋肉、腺などの連絡を担っている末梢神経で障害が起こる病気です。
原因は様々で、変性、外傷、中毒、炎症、感染、代謝異常、悪性腫瘍、末梢神経腫瘍圧迫などが考えられます。
症状は異常が発生した場所によって、四肢麻痺、後ろ足麻痺、前足麻痺など様々です。
変性の場合は、「肥大神経症」「脊髄性筋萎縮症」、炎症性の場合は、「多発性神経根神経炎」「視神経炎」、感染性の場合は、「トキソプラズマ」「ネオスポラ」、代謝性の場合は、「糖尿病」「副腎皮質機能亢進症」「高脂血症」「甲状腺機能低下症」、血管性の場合は、「虚血性神経筋症」、腫瘍の場合は、「傍腫瘍症候群」「悪性神経鞘腫」などが発症し、これらの総称を「末梢神経障害」(ニューロパシー、ニューロパチー)と呼んでいます。
猫に異常がみられたら獣医師の診察をうけ適切な治療を行う必要があります。
治療が原因に合わせて行われることになりますが、変性疾患については治療法が確立していないことが多いのが現状です。
また、炎症性疾患については、自然治癒することもあります。

 

■猫の神経の興奮を抑える栄養補助食品・サプリメント


自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)

2匹の猫
「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」は若齢の猫に発症することが多い病気です。

「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」の原因・症状

「自律神経」は、呼吸、発汗、消化、排泄、循環など無意識に体がコントロールしている必要不可欠な機能を管理する役割を担っており、「交感神経」と「副交感神経」により機能している神経系です。
「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」になると、散瞳(さんどう)、嘔吐、嚥下困難、第三眼瞼突出、尿失禁、排尿障害、排便障害、便秘、下痢、体重減少、腹痛など様々な症状が現れます。
このような異常が出たら、いち早く獣医師に診てもらうことが必要です。
しかし、自律神経障害の場合は治療法が確立しておらず、治療は対症療法が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

鼻咽頭(びいんとう)ポリープ、鼻における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

およそ2歳未満の子猫に発生する腫瘍性疾患についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻咽頭(びいんとう)ポリープ」について見ていきます。

腎臓における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

腎臓における腫瘍が発見された時は重篤な場合が多く、そのほとんどは悪性腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「腎臓における腫瘍」について見ていきます。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

ヘルペスウイルス性皮膚炎、細菌性皮膚炎 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

ウイルスや細菌に感染することによる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚疾患、「ヘルペスウイルス性皮膚炎」「細菌性皮膚炎」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。