MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

 

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。

猫の顔アップ
今回は、猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

Sponsored Link

癌(がん)・リンパ腫

猫にとって「癌(がん)・リンパ腫」は、進行度合いによっては致命的です。

「癌(がん)・リンパ腫」の原因・症状

「癌(がん)・リンパ腫」という病気のグループには、「悪性腫瘍(あくせいしゅよう)」「白血病(はっけつびょう)」があり、悪性の場合はそのまま病が進行すると死に至ります。
また、悪性にかぎらず良性の場合もありますので「癌(がん)・リンパ腫」の疑いがある場合は、早急に獣医師の診断をうけ特定することが大切です。
とはいえ、「癌(がん)」については病気が進行するまで気づくことが難しい病気です。
症状はそのタイプや部位、大きさなどによって変わってきますが、猫を普段から観察し少しでも早く異常に気づくことが大切です。
「癌(がん)・リンパ腫」を引き起こす原因としては、遺伝的なものや環境によるものなど様々です。
「癌(がん)・リンパ腫」の場合、病気の進行度合いによりその生存率も大きく変わってきます。
病状によっては薬の投与によって治る場合もありますし、外科手術によって患部を摘出することもあります。
動物病院で「癌(がん)・リンパ腫」の疑いがあると診断された場合、X線検査や超音波検査、血液検査や内視鏡による検査などが行われ、病気を特定します。
疑いがある場合は、できるだけ早く動物病院でみてもらいましょう。

猫エイズ(FIV)

猫のケンカ
「猫エイズ」のウイルスを死滅させられる薬、治療法が無い恐ろしい病気です。

「猫エイズ(FIV)」の原因・症状

「猫エイズ」は「猫後天性免疫不全症候群(ねここうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)」のことで、猫エイズウイルスに感染すると多くのウイルスに感染するおそれがあります。
猫エイズウイルスは、細胞の中でタンパク質の製造に関わるRNA(リボ核酸)に影響するウイルスで、猫の体の免疫がなくなってしまうことで、あらゆるウイルスの感染に対し対抗できない体になってしまいます。
「猫エイズ」自体の徴候は特にみあたらず、多くの他のウイルス感染によって症状が現れます。
感染すると白血球細胞内で増殖、猫の唾液にもウイルスが含まれているため、「猫エイズ」に感染した猫とのケンカや直接接触により感染します。
「猫エイズ」に感染した場合、そのまま時間ががつと数多くの感染症が発症するため、早期発見により獣医師に診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の右心室入り口に存在する「三尖弁(さんせんべん)」という弁が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。