MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

 

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。

猫の顔アップ
今回は、猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

Sponsored Link

癌(がん)・リンパ腫

猫にとって「癌(がん)・リンパ腫」は、進行度合いによっては致命的です。

「癌(がん)・リンパ腫」の原因・症状

「癌(がん)・リンパ腫」という病気のグループには、「悪性腫瘍(あくせいしゅよう)」「白血病(はっけつびょう)」があり、悪性の場合はそのまま病が進行すると死に至ります。
また、悪性にかぎらず良性の場合もありますので「癌(がん)・リンパ腫」の疑いがある場合は、早急に獣医師の診断をうけ特定することが大切です。
とはいえ、「癌(がん)」については病気が進行するまで気づくことが難しい病気です。
症状はそのタイプや部位、大きさなどによって変わってきますが、猫を普段から観察し少しでも早く異常に気づくことが大切です。
「癌(がん)・リンパ腫」を引き起こす原因としては、遺伝的なものや環境によるものなど様々です。
「癌(がん)・リンパ腫」の場合、病気の進行度合いによりその生存率も大きく変わってきます。
病状によっては薬の投与によって治る場合もありますし、外科手術によって患部を摘出することもあります。
動物病院で「癌(がん)・リンパ腫」の疑いがあると診断された場合、X線検査や超音波検査、血液検査や内視鏡による検査などが行われ、病気を特定します。
疑いがある場合は、できるだけ早く動物病院でみてもらいましょう。

猫エイズ(FIV)

猫のケンカ
「猫エイズ」のウイルスを死滅させられる薬、治療法が無い恐ろしい病気です。

「猫エイズ(FIV)」の原因・症状

「猫エイズ」は「猫後天性免疫不全症候群(ねここうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)」のことで、猫エイズウイルスに感染すると多くのウイルスに感染するおそれがあります。
猫エイズウイルスは、細胞の中でタンパク質の製造に関わるRNA(リボ核酸)に影響するウイルスで、猫の体の免疫がなくなってしまうことで、あらゆるウイルスの感染に対し対抗できない体になってしまいます。
「猫エイズ」自体の徴候は特にみあたらず、多くの他のウイルス感染によって症状が現れます。
感染すると白血球細胞内で増殖、猫の唾液にもウイルスが含まれているため、「猫エイズ」に感染した猫とのケンカや直接接触により感染します。
「猫エイズ」に感染した場合、そのまま時間ががつと数多くの感染症が発症するため、早期発見により獣医師に診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

嘔吐(おうと)、嚥下困難(えんげこんなん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食事にまつわる病気、消化器系の病気についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「嘔吐(おうと)」「嚥下困難(えんげこんなん)」について見ていきます。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫同士のケンカや交通事故などによる外傷が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)」について見ていきます。

ロタウイルス性腸炎、レオウイルス感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫を含む哺乳類の動物に感染する恐れのあるウイルス感染症についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ロタウイルス性腸炎」、「レオウイルス感染症」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。