MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

病気は早期発見が重要!猫の食欲や水の飲み方をチェック

 

毎日の食事や水の飲み方を観察して、猫の体調不良にいち早く気づいてあげましょう。

食べるメオ
猫も体調により食欲や水の飲み方などに変化が現れます。
食欲や飲水量がいつもと違うと感じたら、猫の体調は大丈夫か気にしてみてあげることが必要です。

Sponsored Link

水の飲み方を観察

水を飲むメオ
水を飲む量が減ったり増えたりしたと感じたら、注意深く観察するとともに病気ではないか気にする必要があります。

飲む水の量が急に増えた

普段にくらべて水入れの水が早く空になっていたり、1回の飲水量が急に増えたりしたときは、「糖尿病」や「子宮蓄膿症」、「慢性腎不全」の可能性があります。
初期症状のサインを見逃さないようにすれば、このような病気も早期発見につながり、病状が悪化する前に対策が討てるようになります。
猫の様子を観察して、他のサインとつなげて考えると動物病院に連れて行った時に説明することで、獣医師の状況把握に役立ちます。

水を飲む量が減ってきた

水を飲まなくなると脱水症状を引き起こします。
猫も年をとるに連れて体を動かさない様になり、自ずと飲水量も減ってきたりします。
その場合は水飲み場を変えてみたり、給水器で流れる水にしてみたりすると、自然に水を飲めるようになることもあります。
流れる水を見るメオ
我が家の”メオ”も一時期、水を飲まなくて困ったときがありましたが、流れる水を舐めるタイプの給水器を置いたところ、普通に水を飲むようになりました。

食欲、食事の量をチェック

食べるメオ
急に食欲が増してきたり、食欲が無かったりしたときは、要注意です。

食欲がなく、食べる量が少なくなった

ゴハンを残す量が増えてきたり、全く食べないというときは、体調が悪かったり、口内に痛みを感じていたりする可能性があります。
また、何かにストレスを感じて食べないという時もあります。
大好きなおやつを与えてみたり、ゴハンの容器や場所を変えてみたり、ごはんと一緒にまたたびなど好きなものを混ぜて与えてみたりして試してみるのも良いかもしれません。
それでも食欲がないようであれば、獣医師に病気かどうか診てもらったり、どのようなことが原因で食欲がないのか相談してみるのがよいでしょう。

異常に食欲があり常に何か食べ物を欲しがる

食欲が異常に出てきた、絶えずおねだりしてくるようになった、など食欲が強すぎる場合は、「糖尿病」や「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の可能性もあります。
「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」の場合、猫の目をみると、瞳孔が開いていて目が異常にギラギラ光って見えたりといった症状も現れますので、合わせて観察することが必要です。
猫の異常に早めに気づいて、早めの対処をすることで症状の悪化を防ぐことができますので、食欲や飲水量を普段からチェックしておきましょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

猫に「ビール」を飲ませてはダメ!急性アルコール中毒になる

猫の体は人間と違って小さく、およそ1kgから大きくても10kg程度ですので、人間が飲んでいるアルコールを与えてしまうと少量でも急性アルコール中毒になってしまします。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。