MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

 

気をつけていないと猫はあらゆるものを誤食します。

釣り針で釣られたネコ
猫が何かで遊んでいたかと思うと、いつの間にかそれがなくなっていたりします。
そんな時は、大変なことになる前に、誤食を疑ってすぐに確認することが必要です。
今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

Sponsored Link

料理に使ったつまようじ

爪楊枝
料理で使用したつまようじ、間違えて床に落としてしまったつまようじなどには気をつけましょう。
味がついているので、猫が食べてしまう危険があります。
料理でつかっていないとしても、猫が見つけると遊び始めてしまい、気づいたら飲み込んでいたということもありえます。
つまようじを飲み込んでしまうと、食道に刺さったり、胃腸に刺さって内臓を傷つけてしまう危険があります。

机に落ちたホッチキスの針

ホッチキスの針
使用済みのホッチキスの針を気が付かずに落としてしまったり、猫が気づくところに置いておくことも危険です。
珍しい物や普段は無い小さなものを見つけると猫は遊び始め、加えたり、舐めたりしているうちに誤食してしまう危険があります。

魚のほね

魚の骨
「青魚」を食べると魚に含まれる「不飽和脂肪酸」により「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になってしまうということがありますが、別の危険性として骨が刺さって内臓を傷つけるということがあります。
仮に誤食した魚の骨が気管に入ってしまうと、命の危険もあります。
また骨が太い魚は特に食道や胃腸に刺さりやすいため、十分な注意が必要です。

糸がついた縫い針

縫い針
猫はビニール紐やプレゼントのリボン、裁縫用の糸など細長いものを見つけると咥えて遊びたがります。
裁縫用の糸を通した針は、糸で遊んでいるうちに針も一緒に飲み込んでしまう危険もありますので、猫の目の届かない場所に保管することが重要です。

魚釣りで使った釣り針

釣り針
魚釣りをされる方は、使用した釣り針にも気をつけましょう。
魚の匂いにつられて針を舐めたり加えたりすると、舌に刺さる恐れがあり、また誤食してしまうと取り出すのが難しく、手術が必要になってしまいます。

床に落ちた画びょう

画鋲
部屋でメモなどをコルクボードに画びょうで止めている家では、気付かずに床に落としてしまったり、猫の手が届く場所に置いておいたりすると、猫が遊び始めて誤食する恐れがあります。
間違えて飲み込んでしまうと胃腸に刺さって、簡単には取りづらくなることもあります。

猫が間違えて食べてしまったと思ったら・・・

猫が誤食してしまったと思ったら、すぐに猫の口を開いて異物が無いか確認をします。
仮に針が付いた糸などを見つけた場合、引き抜いてしまうと余計に食道や口内を傷つけてしまう危険もあるため、飲み込まないようにしながらそのままの状態で早急に獣医師に相談をしましょう。
また、異物が口の中から取り出せる状態で、傷つける可能性が無いものの場合はすぐに取り出してあげましょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

耳道(じどう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「耳道(じどう)における腫瘍」は、中齢から老齢の猫に発生する病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「耳道(じどう)における腫瘍」について見ていきます。

高血圧症 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

全身の血圧が上昇している状態になる病気が「高血圧症」です。今回は、猫における循環器疾患、「高血圧症」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。