MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫にお餅を食べさせてはいけません!

 

猫がお餅やお団子を食べると喉につまらせる危険が!


猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでのリスクは、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうという危険性にあります。

Sponsored Link

猫が「お餅」を食べると喉をつまらせる危険が!

お正月には、お餅を焼いて食べたり、焼いたお餅をお雑煮に入れて食べたりするご家庭が多いと思います。
しかし、猫も一緒にお餅を食べることは、猫の命に関わることもあるので避けるべきです。
猫と暮らしていると、つい自分が食べているものを猫も欲しがっているのでは⁈と感じて与えたくなってしまいますが、猫の体のことを考え正しい知識を持った上で、猫に与えるべきかどうかを判断する必要があります。
猫はもともと肉食ですので、お餅を含めお米などの糖質を消化するための酵素が、猫の体には少ないと言われています。
そのため、糖質の消化能力が人間よりも劣っているといえます。
お餅を含め、糖質を摂ることによる猫の体への大きな害は無いと言われていますが、猫は消化酵素が少ないことから主なエネルギーは脂肪やタンパク質から摂るのが良いと言われています。
猫がお餅を食べることでの一番のリスクは、喉につまらせて呼吸困難になる危険があることです。
呼吸困難に陥ってしまった場合、早急に喉からお餅を出さないと最悪の場合、死に至ることもあるため注意が必要です。
口の中にくっついてしまった場合、虫歯になりやすい状態に陥ったり不快感を覚えることもあるため、やはり猫には食べさせるべきではありません。

なおお餅の他に、お正月に食べるものと言えば「おせち料理」がありますが、これも猫に与えてはいけません。
おせち料理はお正月の間保存が利くように濃い味付けになっています。
塩気が濃いものを猫が食べると、猫の内臓に負担がかかってしまい、腎臓病や肝臓病の原因になってしまうこともありますので、注意が必要です。

「お団子」も猫に食べさせるのは避けるべき!


お正月ではなくても、おやつとしてみたらし団子やあんこ団子を食べる方も多いと思います。
お団子も糖質ですので、糖質の消化能力が人間よりも低い猫には、消化という点では食するにはあまり好ましくはありません。
ただ、お団子をもし食べてしまったとしてもそれ自体には大きな害は無いと言われています。
みたらしやあんこも同様に少量であれば猫の体への害はないでしょう。
しかし、「お餅」と同様に「お団子」も喉につまらせてしまったり、口の中にくっついてしまうというリスクがあります。
喉につまらせてしまった場合、呼吸困難を引き起こすこともありますので、十分注意が必要です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

猫の肝胆道系において一般的な炎症性疾患があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

胃内異物(いないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「胃内異物(いないいぶつ)」について見ていきます。

膿皮症、脂漏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

病気やストレス、また老化などが原因となって皮膚の抵抗力が衰えることから、「膿皮症」や「脂漏症」など皮膚病になり、猫は皮膚に炎症が起こり痛みを感じます。今回は、猫における皮膚の病気、「膿皮症」「脂漏症」について見ていきます。

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。