MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

横隔膜ヘルニア、気胸(ききょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

 

横隔膜、胸腔における呼吸器疾患についてです。

%e6%9c%a8%e9%99%b0%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における呼吸器疾患、「横隔膜ヘルニア」、「気胸(ききょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

横隔膜ヘルニア

「横隔膜ヘルニア」は「横隔膜」に穴が空いてしまうことによって「腹腔内」の臓器が「胸腔」へ移動してしまう病気です。

「横隔膜ヘルニア」の原因・症状

「横隔膜ヘルニア」の原因は、先天性の場合もありますが、多くの場合は交通事故などによる外傷が原因となっています。
「胸腔」と「腹腔」の境界に位置する「横隔膜」に穴が空いてしまうことで、臓器が移動してしまう病気です。
「横隔膜ヘルニア」の症状としては、あまり特徴的な症状が無い場合もあり、現れる症状としては、元気消失、咳、呼吸困難などが挙げられます。
症状は、「胸腔」へ移動した、「腹腔内」における臓器の状態や程度によって変わってきます。
動物病院での診断は、胸部、腹部X線検査、造影X線検査、超音波検査などによって、「腹腔内」における臓器の位置や状態の確認によって行われることになるでしょう。
「横隔膜ヘルニア」の治療としては、外科手術によって、移動した「腹腔内」の臓器を正常な位置に戻し、且つ「横隔膜」に開いている穴を閉鎖することになるでしょう。

気胸(ききょう)

「横隔膜」と「助骨」に囲まれている「胸腔」に空気が溜まってしまうことで肺が伸縮できず膨れることができなくなってしまう病気です。

「気胸(ききょう)」の原因・症状

「気胸(ききょう)」の原因としては、自然発生性と外傷性があります。
二次性の自然気胸の場合、「肺炎」や「腫瘍」、「気腫」等が原因となることが考えられ、また外傷性の場合は、交通事故などが原因となることが多いようです。
(※「肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気」)
(※「肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患」)
症状としては、呼吸困難や皮膚粘膜が青紫色になってしまうチアノーゼなどが現れ、胸腔内に溜まっている空気の量や状態によって症状は変わってきます。
動物病院での診断は、胸部X線検査による肺の状態の確認、CT検査や胸腔鏡検査による患部の特定などによって行われることになるでしょう。
「気胸(ききょう)」の治療としては、「胸腔」に針やチューブを挿入し溜まってしまっている空気を抜くといった方法があります。
また、外傷性の場合は、原因となっている外傷を特定のうえ適切な治療を行うことが必要となりますし、他、原因に合わせた治療が必要となります。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気

人間と同様に、特に年齢を重ねるとかかりやすい目の病気があります。あるいは目の外傷や他の病気との併発によって起こる病気もあります。今回は、猫における目の病気、「白内障」「緑内障」についてです。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」に関する異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症」「好酸球(こうさんきゅう)増加症」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

嘔吐(おうと)、嚥下困難(えんげこんなん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食事にまつわる病気、消化器系の病気についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「嘔吐(おうと)」「嚥下困難(えんげこんなん)」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

歯茎にできる良性の腫瘍があります。今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。