MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。

見つめてくる白猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

Sponsored Link

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、ノミやダニを介して猫から猫へ伝染る恐ろしい細菌性疾患です。
(※「猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」でもご紹介しておりますが、今回は更に詳しく見ていきます。)

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)の原因・症状

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、感染した猫や保菌猫からノミやダニなどの吸血昆虫を介して感染すると考えられています。
また、感染した猫、保菌猫、他感染動物との喧嘩による傷口からの感染も感染源として可能性が考えられます。
「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、「マイコプラズマ・ヘモフェリス」(マイコプラズマ科マイコプラズマ属)、「カンディダータスマイコプラズマヘモニミニュータム」などの細菌が、感染した宿主の赤血球に付着、増殖することで、免疫系が菌が付着した赤血球へ攻撃することにより、溶血性貧血が発症します。
症状としては、発熱、元気消失、食欲不振、黄疸、脱水症状などがおこります。
猫への病原菌である「マイコプラズマフェリス」は、非常に強い感染力を持っており、一度感染すると重篤な症状をもたらすため、危険な病気として知られています。
感染したばかりの初期段階では、40度以上の高熱がでますが、状態が悪化し赤血球が失われていくにつれ、発熱は治まるものの今度は低体温状態に陥ります。
血中酸素が不足し、元気消失、沈鬱となり、酸素が不足するために促迫呼吸がおこります。
粘膜は蒼白化し、腹部には脾腫が現れるようになります。
治療としては、テトラサイクリン系、ニューキノロン系などの抗菌剤を投与することにより行われることになるでしょう。
また、状態によっては、輸血による貧血の改善、酸素吸入、免疫阻害薬により赤血球貧食阻害を行うこともあります。
「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)から回復した猫は、およそ1週間から2週間の間、保菌化すると言われています。
対症療法によって症状の改善はするものの、完全にヘモバルトネラを除去することは難しく保菌化する為、一度感染すると再発の危険からは逃れられなくなってしまいます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

エプリス(エプーリス)、口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

歯茎にできる良性の腫瘍があります。今回は、猫における猫における口の異常、「エプリス(エプーリス)」「口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

結晶尿(けっしょうにょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

ミネラル成分が尿中で結晶を形成することがあります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結晶尿(けっしょうにょう)」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

オーストリッチミニピロー
ちょっとした仮眠のために作られたおすすめグッズ、MoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズ

今回は、眠気が抜けない時に便利な、スペイン製ハンドメイド携帯ピローMoMA「オーストリッチ ピロー」シリーズついてご紹介します。