MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。

見つめてくる白猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

Sponsored Link

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、ノミやダニを介して猫から猫へ伝染る恐ろしい細菌性疾患です。
(※「猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気」でもご紹介しておりますが、今回は更に詳しく見ていきます。)

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)の原因・症状

「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、感染した猫や保菌猫からノミやダニなどの吸血昆虫を介して感染すると考えられています。
また、感染した猫、保菌猫、他感染動物との喧嘩による傷口からの感染も感染源として可能性が考えられます。
「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)は、「マイコプラズマ・ヘモフェリス」(マイコプラズマ科マイコプラズマ属)、「カンディダータスマイコプラズマヘモニミニュータム」などの細菌が、感染した宿主の赤血球に付着、増殖することで、免疫系が菌が付着した赤血球へ攻撃することにより、溶血性貧血が発症します。
症状としては、発熱、元気消失、食欲不振、黄疸、脱水症状などがおこります。
猫への病原菌である「マイコプラズマフェリス」は、非常に強い感染力を持っており、一度感染すると重篤な症状をもたらすため、危険な病気として知られています。
感染したばかりの初期段階では、40度以上の高熱がでますが、状態が悪化し赤血球が失われていくにつれ、発熱は治まるものの今度は低体温状態に陥ります。
血中酸素が不足し、元気消失、沈鬱となり、酸素が不足するために促迫呼吸がおこります。
粘膜は蒼白化し、腹部には脾腫が現れるようになります。
治療としては、テトラサイクリン系、ニューキノロン系などの抗菌剤を投与することにより行われることになるでしょう。
また、状態によっては、輸血による貧血の改善、酸素吸入、免疫阻害薬により赤血球貧食阻害を行うこともあります。
「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)から回復した猫は、およそ1週間から2週間の間、保菌化すると言われています。
対症療法によって症状の改善はするものの、完全にヘモバルトネラを除去することは難しく保菌化する為、一度感染すると再発の危険からは逃れられなくなってしまいます。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫のうちに親猫から感染してしまうおそれがある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘリコバクター感染症」について見ていきます。

できれば猫には食べさせないほうが良いパイナップル
できれば猫には食べさせないほうが良い果物

猫によってはアレルギー反応を引き起こしたり、カロリーや糖質、食物繊維のとりすぎになってしまう果物があります。今回は、できれば猫には与えないようがよい果物についてです。

鼻咽頭(びいんとう)ポリープ、鼻における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

およそ2歳未満の子猫に発生する腫瘍性疾患についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「鼻咽頭(びいんとう)ポリープ」について見ていきます。

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

どんな猫でも病気になってしまうリスクはあります。普段の生活の中でよく観察し病気の早期発見が大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「糖尿病(とうにょうびょう)」「毛球症(もうきゅうしょう)」について見ていきます。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

マイコプラズマ多発性関節炎 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

体内に寄生している真正細菌が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「マイコプラズマ多発性関節炎」について見ていきます。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。