MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。

野原で座る猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)

「マイコバクテリウム属」の細菌は、悪性慢性呼吸器疾患である「結核」の原因菌が含まれていることから「結核菌」と言われることもありますが、結核以外の病気を引き起こす菌が含まれていることもあります。

「非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)」の原因・症状

「マイコバクテリウム属」の菌は酸性条件に強い抵抗性を示すため「抗酸菌」と呼ばれることもあります。
結核の原因となる菌種は「定型マイコバクテリウム」「定型抗酸菌」と呼ばれる一方、それ以外の「マイコバクテリウム属菌」を「非結核性(非定型)抗酸菌(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきん)」と呼びます。
「非結核性(非定型)抗酸菌(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきん)」が結核以外の疾病を起こした場合のことを、「非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)」と呼びます。
「非結核性(非定型)抗酸菌(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきん)」のうち、マイコバクテリウム・フォーチュイタムなどが経口的、または外傷から経皮的に感染することで発病します。
「非結核性(非定型)抗酸菌(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきん)」は土壌や水中に広く分布していると言われています。
症状としては、当初は四肢の橋や関節、背中は腹部の感染部皮膚に、膿疱やかさぶたを持つ小結節、皮疹が発生します。
悪化するにつれて皮疹が大きくなり、皮膚からはフケがでるようになり、そのご硬化して少肉芽種に変化します。
内臓に感染した場合は、内臓に肉芽腫が形成されます。
免疫抑制状態の猫の場合は、短期間で掻く臓器への感染が広がる危険があります。
治療としては、対症療法により、全身を回復させるための治療が行われることになるでしょう。
ただ、結核型は完治する可能性が低いのが実情です。
体表部リンパ節に大きな皮膚結節が現れる類癲型(るいてんがた)と呼ばれる病型の場合は、外科手術により切除が試みられることもあります。
また、抗菌剤投与によって治療が行われます。
病状の悪い嚢胞性水疱変性などを引き起こす日和見感染型である場合は、抗菌剤を長期間投与することで症状の改善を図ることになるでしょう。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。

胃腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

胃腸における腫瘍では、リンパ腫の発生が最も多く見られると言われています。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胃腸における腫瘍」について見ていきます。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。

腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

2つの腎臓は体内の水分量を適切に保ち血液の不純物をろ過するための大事な器官です。今回は、猫における消化器系の病気、「腎不全(じんふぜん)」、「尿失禁(にょうしっきん)」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。