MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

 

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。

外で座っている猫
今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

Sponsored Link

放線菌症(ほうせんきんしょう)

「放線菌(ほうせんきん)」は、「破傷風菌」の胞子形態のように、土の中にいる細菌で特定の性質を持っている複数細菌の総称です。
「放線菌(ほうせんきん)」は2種類にわけられ、発育するために酸素を必要としない「アクチノミセス」と、酸素が必要な「ノカルジア」があり、猫の感染症の原因菌となる場合があります。

「アクチノミセス症」の原因・症状

「放線菌」の一種である「アクチノミセス」(アクチノミセス・ビスコサス、アクチノミセス・メイエリなど)が、猫の傷口や口から入り込んで増殖することで感染します。
食べたものの中に、木片や金属片が混ざっていて口内や舌が傷ついてしまい、そこから「放線菌」が感染し膿瘍を形成することもあります。
増殖が進行すると、肺や肝臓などへ菌が侵入し内臓の機能障害が発生したり、脳などの中枢神経に侵入し障害が起こることもあります。
感染すると、感染した部位で「アクチノミセス」が増殖し、炎症が起こり膿瘍ができます。
膿瘍は形成後、徐々に肥大化し、膿性肉芽種となって慢性化します。
慢性化膿性肉芽腫は時間が経つと中心から死滅します。
死滅した膿瘍は、結合組織細胞によって包み込まれ硬直します。
これにより、炎症、化膿、石灰化がおこります。
体表における感染の場合は、体内と体外との間や管腔臓器間に生じる管状の欠損である「瘻管(ろうかん)」ができる場合もあります。
「瘻管」からは汚染された体内の分泌液が体表に現れることもあります。
また胸部における炎症が発症した場合は、咳や呼吸困難などが発生することもあります。
異常が確認されたら、動物病院で適切な処置を施す必要があります。
治療としては、ペニシリン系、セフェム系などの抗菌剤の投与が行われることになるでしょう。
体表に膿瘍がある場合は、取り除いて消毒を行います。
抗菌剤の投与を行うと同時に対症療法が行われるでしょう。
しかし、内臓に多数腫瘍形成を起こしている場合は重症ですので、死に至る確立も高まります。
ワクチンはまだないため、外傷を受けることのないようにすることが予防策となります。
万が一、傷を負ってしまった場合は、直ちに消毒する必要があります。
また、食事により口の中に傷を作るようなことが無いよう、異物が混入しないように注意したり、生活環境に気を使うことも予防策につながります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

甲状腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

室内飼いで主食が缶詰、猫砂を使用していると甲状腺腫になる危険が!?今回は、猫における腫瘍性疾患、「甲状腺における腫瘍」について見ていきます。

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォンヴィレブランド病」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

ニンフォマニア、子癇(しかん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

メス猫における出産前後に起こりやすい病気があります。今回は、メス猫における病気、「ニンフォマニア」、「子癇(しかん)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

猫における「白血病」にも種類があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

不正咬合(ふせいこうごう)、口蓋裂(こうがいれつ) : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口や鼻周辺における異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「不正咬合(ふせいこうごう)」、「口蓋裂(こうがいれつ)」について見ていきます。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

同時多発的に全身の関節に炎症が起こる病気があります。今回は、猫の骨関節疾患、「進行性多発性関節炎(しんこうせいたはつせいかんせつえん)」について見ていきます。