MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

猫における「白血病」は、幾つかの種類に分けられます。

見上げて見つめる猫
「白血病」は、腫瘍細胞による「骨髄性白血病」と、「リンパ性白血病」にわけられます。
また更に、未成熟な段階の細胞が増殖する「急性白血病」と、成熟した細胞が増殖する「慢性白血病」に分類されます。
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

Sponsored Link

急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」は、骨髄における「赤芽球系(せきがきゅうけい)」「骨髄球系」「単球系」「巨核球系(きょかくきゅうけい)」の4種類の造血細胞のうち1系統以上で未熟な段階の細胞が腫瘍化する病気です。

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の原因・症状

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の原因としては、「猫白血病ウイルス」(FeLV)への感染と関連性があると考えられています。
「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の症状としては、発熱、元気消失、食欲不振、可視粘膜蒼白、出血傾向、リンパ節の腫脹など様々です。
骨髄が腫瘍細胞に占拠されてしまうことで造血機能に障害が起こり、貧血、血小板数減少などが発生することも多々あります。
動物病院での診断は、骨髄検査によっておこなわれるでしょう。
「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の場合、致死率は非常に高く、数日後から数ヶ月以内に命を落とすことがほとんどのようです。

リンパ芽球性白血病

「リンパ芽球性白血病」は、骨髄内において未分化なリンパ球が腫瘍となり増殖する病気です。

「リンパ芽球性白血病」の原因・症状

「リンパ芽球性白血病」の原因としては、「猫白血病ウイルス」(FeLV)への感染と関連が強いと考えられており、「リンパ芽球性白血病」になってしまった殆どの猫が「猫白血病ウイルス」に感染しているということです。
症状としては、元気消失、食欲不振、可視粘膜蒼白、発熱、出血傾向、体表リンパ節腫脹などさまざまで、「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の症状と同様です。
骨髄が腫瘍細胞に選挙されることで造血機能に障害が起こり貧血や血小板数が減少したりすることもあります。
骨髄検査によって診断され、治療としては、「シクロフォスファミド」や「プレドニゾロン」「ドキソルビシン」「ビンクリスチン」など抗がん剤を組み合わせた多剤併用化学療法が行われることがほとんどですが、やはり、「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」と同様に、数日から数ヶ月以内に命を落としてしまう症例がほとんどです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

原因は先天性の場合と外傷性の場合があります。今回は、猫の骨関節疾患、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症)についてです。

横隔膜ヘルニア、気胸(ききょう) : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

横隔膜、胸腔における呼吸器疾患についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「横隔膜ヘルニア」、「気胸(ききょう)」について見ていきます。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

[骨肉腫(こつにくしゅ)]体軸骨格における骨肉腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨肉腫」は、発生部位により大きく「体軸骨格」と「四肢骨格」の二つに分類されます。今回は、猫における腫瘍性疾患「骨肉腫」のうち、「体軸骨格における骨肉腫」について見ていきます。

耳道(じどう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「耳道(じどう)における腫瘍」は、中齢から老齢の猫に発生する病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「耳道(じどう)における腫瘍」について見ていきます。

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

生まれる前の胎生期から出生後に変化すべきものが変化しなかったことにより発生する病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)」について見ていきます。

膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫がトイレで苦しむのは可哀想。普段から猫を観察し、異常を感じたら早めの対処が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「便秘」について見ていきます。

小腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的な嘔吐、下痢、体重減少が見られたら小腸における腫瘍の疑いがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「小腸における腫瘍」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。