MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

 

猫における「白血病」は、幾つかの種類に分けられます。

見上げて見つめる猫
「白血病」は、腫瘍細胞による「骨髄性白血病」と、「リンパ性白血病」にわけられます。
また更に、未成熟な段階の細胞が増殖する「急性白血病」と、成熟した細胞が増殖する「慢性白血病」に分類されます。
今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

Sponsored Link

急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」は、骨髄における「赤芽球系(せきがきゅうけい)」「骨髄球系」「単球系」「巨核球系(きょかくきゅうけい)」の4種類の造血細胞のうち1系統以上で未熟な段階の細胞が腫瘍化する病気です。

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の原因・症状

「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の原因としては、「猫白血病ウイルス」(FeLV)への感染と関連性があると考えられています。
「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の症状としては、発熱、元気消失、食欲不振、可視粘膜蒼白、出血傾向、リンパ節の腫脹など様々です。
骨髄が腫瘍細胞に占拠されてしまうことで造血機能に障害が起こり、貧血、血小板数減少などが発生することも多々あります。
動物病院での診断は、骨髄検査によっておこなわれるでしょう。
「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の場合、致死率は非常に高く、数日後から数ヶ月以内に命を落とすことがほとんどのようです。

リンパ芽球性白血病

「リンパ芽球性白血病」は、骨髄内において未分化なリンパ球が腫瘍となり増殖する病気です。

「リンパ芽球性白血病」の原因・症状

「リンパ芽球性白血病」の原因としては、「猫白血病ウイルス」(FeLV)への感染と関連が強いと考えられており、「リンパ芽球性白血病」になってしまった殆どの猫が「猫白血病ウイルス」に感染しているということです。
症状としては、元気消失、食欲不振、可視粘膜蒼白、発熱、出血傾向、体表リンパ節腫脹などさまざまで、「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」の症状と同様です。
骨髄が腫瘍細胞に選挙されることで造血機能に障害が起こり貧血や血小板数が減少したりすることもあります。
骨髄検査によって診断され、治療としては、「シクロフォスファミド」や「プレドニゾロン」「ドキソルビシン」「ビンクリスチン」など抗がん剤を組み合わせた多剤併用化学療法が行われることがほとんどですが、やはり、「急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)」と同様に、数日から数ヶ月以内に命を落としてしまう症例がほとんどです。

Sponsored Link

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

食道狭窄(しょくどうきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

食道の一部が狭くなってしまい、食べたものが食道を通過できなくなってしまうことがあります。今回は、猫における消化器系の異常、「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」について見ていきます。

ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫のうちに親猫から感染してしまうおそれがある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘリコバクター感染症」について見ていきます。

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

肺動脈の一部が細くなってしまい、血液が流れづらくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における病気についてです。今回は、猫における消化器系の病気、「巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)」について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

肺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

殆どが悪性の肺腺癌か気管支腺癌で、発生する確率も他の部位と比較しても高い病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「肺における腫瘍」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]アクチノミセス症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「アクチノミセス症」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

破傷風(はしょうふう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

傷口の汚染から感染し発症する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「破傷風(はしょうふう)」について見ていきます。