MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)、上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

上皮小体における内分泌・代謝性疾患についてです。

眠るメオの喉
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)

「上皮小体」は喉のあたりに位置する臓器で「甲状腺」のすぐ上にあり、「副甲状腺」とも言われます。

「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」の原因・症状

「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」は、上皮小体が分泌するホルモンである「パラソルホルモン」の分泌不足が原因となり、体のあらゆることに異常が発生します。
「パラソルホルモン」は、主に血液中のカルシウム濃度を上昇させる働きをしており、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」になることで、低カルシウム血症の症状が出ます。
症状としては、食欲不振、虚弱体質、痙攣、白内障などが見られ、血液検査では低カルシウム血症、高リン血症などが見つかることが特徴です。
「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」の原因としては、上皮小体の形成不全や突発性の上皮小体萎縮などが考えられます。
また、占拠性腫瘍や甲状腺摘出などの外科手術によって上皮小体が破壊されたことによる発症も考えられます。
異常が見られた場合は、すぐに獣医師に診てもらう必要がありますが、「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」と診断された場合は、グルコン酸カルシウムの投与や活性型ビタミンD3、カルシウム製剤など薬の投与によって治療が行われます。

上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)

喉を掻いている野良猫
体内におけるカルシウム、骨代謝の調整を司る「上皮小体ホルモン」が過剰に分泌されて起こる代謝性疾患です。

「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」の原因・症状

前述した「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」が上皮小体ホルモンの分泌量が低下することによって発症するのに対し、「上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)」は上皮小体ホルモンが過剰に分泌されて起こる代謝性疾患です。
原因としては、上皮小体の腫瘍や上皮小体腺腫様過形成、上皮小体癌などに加え、摂取している普段の食事内容によることもあります。
猫の成長期にご飯に味噌汁をかけた猫マンマを主食として摂取していたりするとカルシウムが不足しそれによって発症したり、また粗悪なキャットフードばかり食べ続けることでリンを過剰摂取しカルシウム量とのバランスの不均衡により発症したり、日光にあたっていないことで体内のビタミンDが不足することが原因となることもあります。
「上皮小体機能低下症(じょうひしょうたいきのうていかしょう)」の症状としては、食欲不振、元気消失、多飲多尿、嘔吐、便秘、運動能力の低下などが見られます。
飼い主は、食事内容を含め普段の生活環境に気をつけることが必要となりますが、万が一異常がみられたら早期に獣医師に診てもらうことが必要です。
治療方法としては食事の内容を改善するとともに、ビタミンDやカルシウム製剤の投与などが行われます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。

皮膚における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

皮膚は、他の部位と比べて、比較的、腫瘍の発生頻度が高い部位です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「皮膚における腫瘍」について見ていきます。

骨髄における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「骨髄における腫瘍」は細かい分類がありますが、大きく分類すると三種類に別れます。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨髄における腫瘍」について見ていきます。

唾液腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「シャム」に多く発症するということが言われている病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「唾液腺における腫瘍」について見ていきます。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

猫における内分泌疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫のトイレをチェック

トイレは健康のバロメーターです。排泄物は猫の体の状態が出やすく、内臓の不調が表れやすいところですので、毎日のトイレ掃除の時にチェックするように心がけたいポイントです。

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。