MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気

 

痙攣(けいれん)や水の多飲、多尿などの異常がみられたら早めに動物病院へ連れて行きましょう。

見上げ猫
今回は、「癲癇(てんかん)」、「クッシング病」(副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう))について見ていきます。

Sponsored Link

癲癇(てんかん)

脳の異常な電気活動による筋肉の収縮で痙攣(けいれん)が起こるのが癲癇(てんかん)です。

「癲癇(てんかん)」の原因・症状

「癲癇(てんかん)」は神経系の障害で、激しい痙攣(けいれん)が起こります。
適切な処置が行われないまま放置すると痙攣を起こす間隔が徐々に短くなり、痙攣重積状態に陥ります。
「癲癇(てんかん)」の原因は様々なことが考えられますが、原因としては、腎臓疾患(じんぞうしっかん)、肝臓疾患(かんぞうしっかん)、低血糖症(ていけっとうしょう)、脳腫瘍(のうしゅよう)、低カルシウム血症に加えウイルス感染や細菌感染などの感染症などが考えられます。
「癲癇(てんかん)」の発作の第一段階は猫の落ち着きがなくなったり神経過敏になっているような行動が見られるようになり、その後、猫の意識が喪失し、目をむいた状態で呼吸が激しくなり、足は硬直して、顎をガクガクさせます。
やがて痙攣が治まると呼吸も正常にもどり、意識を取り戻します。
発作後は混乱状態になりぼーっとしているようにみえるかもしれません。
回復期には食欲が出て通常より多めに食べるようになり、またいつもより鳴き声を上げて徘徊するようになります。
「癲癇(てんかん)」の症状が見られたら、猫を安静にさせて出来る限り早い段階で動物病院に連れて行って診てもらいましょう。
「癲癇(てんかん)」の発作が勃った時は、痙攣している最中、猫をさわらないようにし、可能であれば暗くしてあげるのが良い対応です。
また、周りに物がある場合は、猫が怪我をしないように移動させましょう。
痙攣が治まったら猫を安心させてあげて、回復後に動物病院につれていくようにしましょう。

クッシング病(副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう))

多飲猫
「クッシング病」は副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰分泌されることによっておこります。

「クッシング病」(副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう))の原因・症状

「クッシング病」は専門的には「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」と言われており、腎臓の上部に位置する副腎の異常により発生します。
副腎は2つある小さな臓器で、分泌されるコルチゾールは、血糖値の上昇や心拍数の増加、炎症を制御するなど、体が緊急時に対処するのを助けるホルモンです。
このステロイドコルチゾールが過剰分泌されてしまうことにより異常が発生します。
「クッシング病」の徴候は、異常に喉が渇き多飲したり、大量の尿がでたり、また腹部の腫大、被毛色の変化、脇腹の脱毛などです。
このような症状が猫にみられたらすみやかに獣医師の診察をうけることが大切です。
「クッシング病」は下垂体腫瘍や副腎腫瘍により起こりますが、下垂体腫瘍が原因であることのほうが多い傾向にあります。
動物病院では、ホルモン検査を行うことにより病気を特定し、原因を特定したうえで治療に移ります。
薬の投与による治療の場合もあれば、外科的手術により原因となっている腫瘍を切除する必要があることもあります。
病状が悪化するまえに、動物病院に連れて行って早めに治療できるよう、普段から猫を観察しておくことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

進行がゆっくりであるため気づきづらい病気であると言われています。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」について見ていきます。

食道内異物(しょくどうないいぶつ) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

誤飲、誤食による異常についてです。今回は、猫における消化器系の異常、「食道内異物(しょくどうないいぶつ)」について見ていきます。

下部尿路感染症(かぶにょうろかんせんしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の膀胱や尿道における感染症があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「下部尿路感染症(かぶにょうろかんせんしょう)」について見ていきます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫同士のケンカや交通事故などによる外傷が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)」について見ていきます。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送り込むための重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における寄生虫による病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。