MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

 

体内に酸素供給するために必要な呼吸。体の小さい猫にとって呼吸器系器官の病気は致命的な場合もあります。

寝る猫
ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。
今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

Sponsored Link

猫ウイルス性呼吸器疾患(ねこういるすせいこきゅうきしっかん)

寝る猫2
猫ウイルス性呼吸器疾患は風邪のような症状が出る病気で、猫がかかりやすい病気の一つです。

「猫ウイルス性呼吸器疾患(ねこういるすせいこきゅうきしっかん)」の原因・症状

「猫ウイルス性呼吸器疾患」になると、発熱、くしゃみ、目の充血、鼻水、咳など風邪のような症状がでます。
猫同士で感染しやすい病気なので、複数の猫が同居している場合はすぐに広まってしまいます。
原因となるウイルスとしては、「猫カリシウイルス」による「猫カリシウイルス感染症」と、「猫ヘルペスウイルス」による「猫ウイルス性鼻気管炎」の2種類があり、いずれも猫のくしゃみで他の猫に感染します。
中には症状が出ていなくても感染している猫もおり、他の猫と接することで感染します。
猫ウイルス性呼吸器疾患にかかってしまった可能性がある場合は、まずは動物病院で診てもらうことが先決です。
病院に行くと、二次感染防止のために抗生物質や粘液溶解剤などが処方されます。
その後は、猫の体力が落ちないように食事や水分補給がしやすいように看病することが大切です。
「猫ウイルス性呼吸器疾患」は早めに対処すれば死に至る確立は高くはありませんが、いずれにしても早めに獣医師に診てもらうのが最善です。
また、3種混合ワクチンで予防ができるため、感染する可能性を考えると定期的に接種するのがよいでしょう。

慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)

寝る猫3
発作的に咳が止まらなくなるような症状がある場合は気管支炎の可能性があります。

「慢性気管支炎」の原因・症状

慢性気管支炎になると、咳がとまらず持続的に咳をし続けるようになります。
猫ウイルス性呼吸器疾患の原因である猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症が悪化して慢性気管支炎になるケース、ヘビースモーカーの方がいるような汚れた空気の中で暮らしている場合は汚染された空気が原因になるケースもあります。
年をとってかかってしまうと特に長期化しやすい病気なので、病気にならないように対策することが大切です。
ウイルス性呼吸器疾患とは別に、気管支炎は「猫の喘息(ぜんそく)」とも呼ばれており一度かかってしまうと完治が難しい病気です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。

高血圧症 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

全身の血圧が上昇している状態になる病気が「高血圧症」です。今回は、猫における循環器疾患、「高血圧症」について見ていきます。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

マダニ、白癬(はくせん) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

寄生による猫の肌トラブルなど異変に気づくためにも普段からのグルーミングで観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「マダニ」「白癬(はくせん)」について見ていきます。

[放線菌症(ほうせんきんしょう)]ノカルジア症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

主に土の中にいる細菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「放線菌症(ほうせんきんしょう)」のうち、「ノカルジア症」について見ていきます。

猫パルボウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎(FIP) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫にとって致命的な伝染病があります。今回は、猫における消化器系の病気、「猫パルボウイルス感染症」、「猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえん)」(FIP)について見ていきます。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。