MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

 

感染症による猫の目の病気である場合、感染が進行すると消化器系など他部位に及ぶこともあります。

目隠し猫
目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。
今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

Sponsored Link

ネコクラミジア感染症

睨む猫
ネコクラミジアは微生物で、細菌とウイルスの間に位置する病原体です。

「ネコクラミジア感染症」の原因・症状

「ネコクラミジア感染症」は、既に感染している猫との接触により、目、鼻、口から感染していきます。
複数の猫が暮らしている環境だと、1匹が感染すると全ての猫に感染する可能性が高まります。
「ネコクラミジア感染症」にかかると、目からねっとりした粘着性の高い目ヤニが分泌され、結膜炎の症状が現れます。
また鼻水がでるようになりくしゃみも出るようになります。
症状が悪化すると、肺炎や気管支炎、消化器系に加生殖器系にまで及ぶこともあり、最悪の場合死に至ることもあります。
獣医師の診断を受けることが必要ですが、診断としては血液検査や分泌物の検査があります。
「ネコクラミジア感染症」と診断されると、抗生物質が処方されることになります。
早めの対処が必要となりますので、目に異常を感じたらすぐに動物病院で診てもらうことが大切です。

失明(しつめい)

猫の鼻アップ
失明は猫がはっきりとものを見ることができない、あるいは全く見ることができない状態のことです。

「失明」の原因・症状

失明や視力低下の状態になると、猫が歩いていると壁や家具によくぶつかったり、転んだりするようになります。
すると、猫は動くことに恐怖を覚え歩いたり動いたりするのを嫌がるようになります。
猫も歳をとると視力が低下してきますが、その場合、眼球が青みがかってくるといった変化がみられるようです。
失明してしまう原因はさまざまで、病気が悪化して起こることもあれば、ケガなど外傷による場合、また遺伝的に発生する場合もあります。
視力低下や失明になると、瞳が濁ってきたり青みがかったりといった変化が見られるので、普段の行動とともに目の状態も観察することで早めに異常に気づいてあげることが大切です。
動物病院での診察は通常、検眼鏡を使った目の検査が行われます。
状態とその原因が特定できれば適切な処置ができ、発見が早ければ回復することも可能ですが、手遅れになれば失明することになり、完全に失明した場合は治療法がないことがほとんどですので、出来る限り早めの治療が重要となってきます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)(ニューロパシー)、自律神経障害(じりつしんけいしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経系における障害についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)」(ニューロパシー)、「自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓において発生する病気で、老猫によく見られる疾患があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」について見ていきます。

水腎症(すいじんしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

お腹にしこりが感じ取られるようになって気づくことが多い病気です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「水腎症(すいじんしょう)」について見ていきます。

門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

「シャント」と呼ばれる異常な血管による病気についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと)」について見ていきます。

大腸菌症(だいちょうきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

宿主以外の体に入り込むことで発症する病原菌があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「大腸菌症(だいちょうきんしょう)」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

猫にお餅を食べさせてはいけません!

猫が「お餅」や「お団子」を食べてしまうことでの危険性は、喉をつまらせてしまうことや、歯や顎に「お餅」や「お団子」がくっついてしまうというリスクにあります。

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

土壌や水中に広く分布している菌による細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)」について見ていきます。