MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

 

感染症による猫の目の病気である場合、感染が進行すると消化器系など他部位に及ぶこともあります。

目隠し猫
目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。
今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。

Sponsored Link

ネコクラミジア感染症

睨む猫
ネコクラミジアは微生物で、細菌とウイルスの間に位置する病原体です。

「ネコクラミジア感染症」の原因・症状

「ネコクラミジア感染症」は、既に感染している猫との接触により、目、鼻、口から感染していきます。
複数の猫が暮らしている環境だと、1匹が感染すると全ての猫に感染する可能性が高まります。
「ネコクラミジア感染症」にかかると、目からねっとりした粘着性の高い目ヤニが分泌され、結膜炎の症状が現れます。
また鼻水がでるようになりくしゃみも出るようになります。
症状が悪化すると、肺炎や気管支炎、消化器系に加生殖器系にまで及ぶこともあり、最悪の場合死に至ることもあります。
獣医師の診断を受けることが必要ですが、診断としては血液検査や分泌物の検査があります。
「ネコクラミジア感染症」と診断されると、抗生物質が処方されることになります。
早めの対処が必要となりますので、目に異常を感じたらすぐに動物病院で診てもらうことが大切です。

失明(しつめい)

猫の鼻アップ
失明は猫がはっきりとものを見ることができない、あるいは全く見ることができない状態のことです。

「失明」の原因・症状

失明や視力低下の状態になると、猫が歩いていると壁や家具によくぶつかったり、転んだりするようになります。
すると、猫は動くことに恐怖を覚え歩いたり動いたりするのを嫌がるようになります。
猫も歳をとると視力が低下してきますが、その場合、眼球が青みがかってくるといった変化がみられるようです。
失明してしまう原因はさまざまで、病気が悪化して起こることもあれば、ケガなど外傷による場合、また遺伝的に発生する場合もあります。
視力低下や失明になると、瞳が濁ってきたり青みがかったりといった変化が見られるので、普段の行動とともに目の状態も観察することで早めに異常に気づいてあげることが大切です。
動物病院での診察は通常、検眼鏡を使った目の検査が行われます。
状態とその原因が特定できれば適切な処置ができ、発見が早ければ回復することも可能ですが、手遅れになれば失明することになり、完全に失明した場合は治療法がないことがほとんどですので、出来る限り早めの治療が重要となってきます。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

どんな猫でも病気になってしまうリスクはあります。普段の生活の中でよく観察し病気の早期発見が大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「糖尿病(とうにょうびょう)」「毛球症(もうきゅうしょう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫において最も発生することが多い腫瘍性疾患が「リンパ腫」です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「リンパ腫」について見ていきます。