MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。

ゲージの猫
今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

Sponsored Link

猫回虫症(トキソカラ症)

「猫回虫」は猫の小腸に寄生する白い色をした線虫類です。

■猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫および多包条虫の駆除薬

「猫回虫症」(トキソカラ症)の原因・症状

「猫回虫症」(トキソカラ症)は、感染していても症状が現れない「不顕性感染」の場合が多いですが、多数が寄生すると下痢などの症状がおこります。
また、猫回虫の感染症状は子猫に多く見られ、猫回虫に寄生された猫は被毛の状態が悪く、下痢になります。
また子猫の場合、腸管内にガスが充満することにより太鼓腹になるという症状が現れます。
猫回虫の幼虫は長さが約6〜12cmで、生息環境内における抵抗力が強く、砂や土の中に混ざって長期間生き続けており、感染の機会を待っています。
子猫に対して伝染る際は、授乳時にミルクを通して感染するため、母猫からの感染に関しては回避することが困難です。
できるだけ被害を広げないようにするためには、猫の便は放置せずに速やかに処理することなどが考えられます。
寄生虫は、寄生した猫の体から栄養分を奪い、また他の病気を持ち込んだりするなど様々な問題を引き起こしますので、異常を感じたら獣医師の診断をうけるようにしましょう。

瓜実条虫(サナダ虫)

猫が水を異常に飲む水分摂取異常の状態は、「膀胱炎」や「糖尿病」、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)などの徴候です。
見上げる猫

「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の原因・症状

「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)はノミを介して運ばれ、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の体節が猫の体から離れる際に卵が産み落とされます。
その玉子をノミの幼虫が食べて成長した時に猫の体にくっつき、猫は毛づくろいをすることで「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)を体内に取り込んでしまいます。
「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)は猫の体内で約25cmの長さまで成長し、栄養分を奪っていきます。
猫に水分異常摂取などの異常が見られる場合は、すみやかに獣医師にみてもらうことが必要です。
「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の検査は便検査によって行われます。
また、複数の猫と暮らしている場合は、1匹が「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)に感染していたら、全ての猫を検査して感染が認められれば、全ての猫を治療する必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

消化管内における寄生虫感染は、現在もまだ存在しています。今回は、猫における消化器系の病気、「消化管内寄生虫感染症(しょうかかんないきせいちゅうかんせんしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(球根・種)

部屋に飾っている花や観葉植物の中に、特に球根や種を猫が口にすると危険な植物があります。 猫が口にしてしまうと非常に危険な植物がたくさんあります。 今回は、危険な植物の中でも、球根や種を猫が食べてしまうと危険な植物について見ていきます。 なお …

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の大きさが拡大し、心臓の筋肉の動きが悪くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)」について見ていきます。

好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)、天疱瘡(てんぼうそう) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

免疫機能の異常によって発生する皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚の病気、「好酸球性肉芽腫性症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅせいしょうこうぐん)」「天疱瘡(てんぼうそう)」について見ていきます。

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。 今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

猫伝染性貧血、血栓症、心臓病 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫に循環器系の病気の症状が現れたら、激しく動かすことは避けて安静な状態でできるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。今回は、猫における循環器系の病気、「猫伝染性貧血」「血栓症」「心臓病」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

狂犬病、オーエスキー病(仮性狂犬病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫にも狂犬病は発症します。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「狂犬病」、「オーエスキー病」(仮性狂犬病)について見ていきます。

病気は早期発見が重要!顔からわかる猫の異変

猫が病気で苦しむ前に、普段から顔や表情を観察して異常がないかチェックすることが大切です。手遅れになる前に、早期発見できるよう努めてあげるのも飼い主の大切な役目です。