MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

 

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。

ゲージの猫
今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

Sponsored Link

猫回虫症(トキソカラ症)

「猫回虫」は猫の小腸に寄生する白い色をした線虫類です。

■猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫および多包条虫の駆除薬

「猫回虫症」(トキソカラ症)の原因・症状

「猫回虫症」(トキソカラ症)は、感染していても症状が現れない「不顕性感染」の場合が多いですが、多数が寄生すると下痢などの症状がおこります。
また、猫回虫の感染症状は子猫に多く見られ、猫回虫に寄生された猫は被毛の状態が悪く、下痢になります。
また子猫の場合、腸管内にガスが充満することにより太鼓腹になるという症状が現れます。
猫回虫の幼虫は長さが約6〜12cmで、生息環境内における抵抗力が強く、砂や土の中に混ざって長期間生き続けており、感染の機会を待っています。
子猫に対して伝染る際は、授乳時にミルクを通して感染するため、母猫からの感染に関しては回避することが困難です。
できるだけ被害を広げないようにするためには、猫の便は放置せずに速やかに処理することなどが考えられます。
寄生虫は、寄生した猫の体から栄養分を奪い、また他の病気を持ち込んだりするなど様々な問題を引き起こしますので、異常を感じたら獣医師の診断をうけるようにしましょう。

瓜実条虫(サナダ虫)

猫が水を異常に飲む水分摂取異常の状態は、「膀胱炎」や「糖尿病」、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)などの徴候です。
見上げる猫

「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の原因・症状

「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)はノミを介して運ばれ、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の体節が猫の体から離れる際に卵が産み落とされます。
その玉子をノミの幼虫が食べて成長した時に猫の体にくっつき、猫は毛づくろいをすることで「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)を体内に取り込んでしまいます。
「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)は猫の体内で約25cmの長さまで成長し、栄養分を奪っていきます。
猫に水分異常摂取などの異常が見られる場合は、すみやかに獣医師にみてもらうことが必要です。
「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)の検査は便検査によって行われます。
また、複数の猫と暮らしている場合は、1匹が「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)に感染していたら、全ての猫を検査して感染が認められれば、全ての猫を治療する必要があります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

猫における内分泌疾患についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について見ていきます。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。