MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

サイベリアン : 極寒の地ロシアで生まれた猫

 

極寒の地で生まれ進化してきたネコ「サイベリアン」についてです

siberian

Sponsored Link

サイベリアンの起源

「サイベリアン」はロシアで自然発生したネコですが、起源ははっきりとはわかっていません。
かなり古くからいるネコで、およそ1000年以上前からロシアに生息している品種です。
長い毛が特徴で、さまざまな長毛種、「ペルシャ」や「アンゴラ(ターキッシュアンゴラ)」などの祖先ではないかと考えられています。
1980年代に入ってから品種改良にとりかかり、1990年代にはアメリカへ連れて行かれます。
あまり知られていなかった「サイベリアン」がネコの品種として人々の間に広まったのは、2000年代に入ってからと、比較的最近のことです。

サイベリアンの特徴

「サイベリアン」は、ネコの中でもかなりの大型のネコで、体格は全体的にがっしりとしていて堂々とした印象が強いネコです。
ふさふさの毛並みは、特に寒い時期になると、より厚くふかふかになるので、北海道や東北地方など北国で暮らすことも問題ありません。
厚くふさふさの毛皮は、寒さから体を守るために二層構造になっており、たっぷりとしたアンダーコートを防水性のある長いオーバーコートが覆っています。
ロシア北東部の厳しい寒さの自然環境で生まれ育ったネコということもあり、性格は忍耐強くてたくましいネコですが、おっとりとした性格やふさふさの毛並みから温かい印象を受けます。
北国で生まれたネコというと「ノルウェージャンフォレストキャット」がいますが、共に見た目が似ていて、極寒の地に適応して進化してきたネコといえます。
毛色はブラウンマッカレルタビー、ブルータビーアンドホワイト、ブラックアンドタビー、タビーアンドホワイトなど様々なネコがおり、目の色は毛色に準じて様々なネコがいます。
「サイベリアン」はとても頭がよく、飼い主に従順なので飼いやすいネコだと言えるでしょう。

「サイベリアン」の基本データ

英語表記 Siberian
原産地 ロシア
誕生時期 1000年代
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:ブラウンマッカレルタビー、ブルータビーアンドホワイト、ブラックアンドタビー、タビーアンドホワイトなど様々、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

ソマリ : 「アビシニアン」の長毛種

もともと「アビシニアン」から生まれたため性格は「アビシニアン」ととても似ており、賢くて活発、好奇心旺盛なネコです。

アンゴラ(ターキッシュアンゴラ) : ウサギではなくネコ

高級な「コート」や「セーター」などに使われる「アンゴラ」というと、「ウサギ」や「ヤギ」の毛のことを指しますが、ネコの品種にも「アンゴラ」(ターキッシュアンゴラ)というのがいます。

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

シャム : 高級感ただようタイ王国の猫

もともとは「タイ」のネコで、王族や僧侶など高貴な身分の人たちに飼われていたネコだと言われています。「シャム」というのはタイ王国の旧名のこと、「シャム」は、別名「ロイヤルキャットオブシャム」とも言います。