MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

シンガプーラ : 「小さな妖精」

 

世界最小のネコと言われる「シンガプーラ」についてです。

singapura

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
The original uploader was Squeezeweasel at English Wikipedia

Sponsored Link

シンガプーラの起源

「シンガプーラ」の原産はシンガポールで、「シンガプーラ」という名前はマレー語でシンガポールを意味します。
シンガポールではだれも興味を持っていなかった街角にいるネコを、アメリカ人夫妻が見つけて1974年にアメリカに連れて帰ったのが始まりで、その後繁殖が始まりました。
世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。
またもともと、体が小さかったこともありシンガポールではネズミ狩りを行うために下水溝で暮らしていたことから、下水溝を意味する「ドレインキャット」などと呼ばれていたこともあります。
「シンガプーラ」はアメリカに連れて行かれた後、ショーに出場するようになったことで、人々に知られ人気がでました。

シンガプーラの特徴

「シンガプーラ」は、現在公認されているネコの品種の中では最も体が小さく、メスの場合は成長しても2キロに満たないほどの軽さです。
体型は小型ですが、筋肉質で引き締まった体をもっています。
毛足は、短くて弾力はあまりない、短毛種のネコです。
目はとても大きくアーモンド型で、濃いアイラインが入っていて顔の明るい色も相まって、その大きな目をより引き立たせています。
目の色は、グリーン、ヘーゼル、ゴールド、またはイエローで、輝きのある瞳をもっています。
性格は、おとなしくて飼い主に忠実で愛情深いので、飼いやすいネコです。
好奇心旺盛ですばしっこく、活動的で動きまわりますが、鳴き声は静かです。
やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

「シンガプーラ」の基本データ

英語表記 Singapura
原産地 シンガポール
誕生時期 1974年
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)からセミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:オールドアイボリーで先端がダークブラウンのテッキング(セピアアグーチ)、目色:ヘーゼル、グリーン、ゴールド、イエローなど

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

アンゴラ(ターキッシュアンゴラ) : ウサギではなくネコ

高級な「コート」や「セーター」などに使われる「アンゴラ」というと、「ウサギ」や「ヤギ」の毛のことを指しますが、ネコの品種にも「アンゴラ」(ターキッシュアンゴラ)というのがいます。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

オリエンタルショートヘア : しなやかで美しいプロポーションの猫

「オリエンタルショートヘア」は毛足が短くて細く、サテンのように光沢のある毛並みをしています。性格は、とても活発で好奇心旺盛、一日中動き回っています。

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

ターキッシュバン : 水遊びが好きな珍しい猫

概してネコは水を嫌がる特性がありますが、「ターキッシュバン」はネコには珍しく入浴や水遊びが大好きで、泳ぐこともできます。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。