MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

オリエンタルショートヘア : しなやかで美しいプロポーションの猫

 

「シャム」が元になって生み出された「オリエンタルショートヘア」についてです。

oriental_shorthair

Sponsored Link

オリエンタルショートヘアの起源

「オリエンタルショートヘア」は、1950年代に「シャム」をもとに交配を重ねて人工的に作られた品種です。
第二次世界大戦後、「シャム」の数が減少していたことから、「シャム」の純血から様々な異種交配により新種のネコが生まれました。
はじめは真っ白の「シャム」を生み出すことを目的として白猫と「シャム」を交配しましたが、そのネコの遺伝子はいろいろな色を持っている優位性白色遺伝子だったため、その後、様々な色の「シャム」が生まれました。
これがオリエンタルショートヘアの起源です。
1977年にはアメリカで品種として公認されています。
また、「シャム」に長毛の遺伝子が入ったことから生まれた突然変異の長毛の「オリエンタル」も「オリエンタルロングヘア」として認められるようになりました。
なお、「オリエンタルショートヘア」と「オリエンタルロングヘア」は、同じ品種のパターン違いとして統合されて品種登録されています。

オリエンタルショートヘアの特徴

「オリエンタルショートヘア」は毛足が短くて細く、サテンのように光沢のある毛並みをしています。
耳はとても大きく、頭は長くて先細りしたくさび型をしていて、目はアーモンド型でグリーン、もしくは白い被毛の場合は、ブルーやゴールド、シルバーなどのネコもいます。
体型は長くてすらっとしており、骨格は華奢な印象ですが筋肉はしっかりとしています。
「オリエンタルショートヘア」の性格は、とても活発で好奇心旺盛、一日中動き回っています。
好奇心旺盛で、一つのことに興味を惹かれるとそれに夢中になって遊びます。
活発なので適度に運動できる環境が望ましく、運動できない環境だとストレスが溜まってしまいます。
飼い主には従順で甘えん坊ですが、飼い主が自分のこと以外に関心をよせると、機嫌を悪くしてすねてしまうくらい寂しがりやでもあります。

oriental_shorthair2

「オリエンタルショートヘア」の基本データ

英語表記 Oriental Shorthair
原産地 イギリス
誕生時期 1950年代
発生スタイル 人為的発生(※ブリーダーが猫同士を交配させて生まれた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ オリエンタル(※細くて長い)
カラー 毛色:エボニー、ホワイトなど単色のほか、タビーパターン、バイカラー、パーティカラーなど多数、目色:グリーン、ブルー、ゴールド、シルバー

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

スフィンクス : 耳が大きく無毛で個性的な猫

無毛に見える体と、毛が無いために見えるしわ、まっすぐに立っていてとても大きな耳など、とても個性的なネコ。無毛に見えますが実は全くの無毛ではなく、産毛に覆われていて、手触りはスウェードを触っているような感じがします。

デボンレックス : ウェービーな毛質が特徴の「小さな妖精」

一番の特徴はそのウェービーな縮れ毛です。また耳がとても大きくて低い位置についています。喜ぶとまるでイヌのように尻尾を振ったりすることから「プードルのようなネコ」などと言われることもあるようです。

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

アメリカンカール : 耳がカールしている猫!

耳がカールしているネコ「アメリカンカール」という品種についてです。「アメリカンカール」としての始まりは、なんと”迷い猫”です。アメリカ、カリフォルニア州レークランドに住んでいたグレース&ジョールーガ夫妻の家に、ある日子猫が迷い込んできてその家にそのまま住みついたのが始まりといわれています。

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。