MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

デボンレックス : ウェービーな毛質が特徴の「小さな妖精」

 

ウェービーヘアで大きな耳が特徴の「デボンレックス」についてです。

devonrex

Sponsored Link

デボンレックスの起源

「デボンレックス」は、1960年にイギリスのデボン州で突然変異によって生まれました。
ウェービーな縮れ毛が特徴のこのネコと、デボン州にいた「デボンレックス」とは異種のメス猫との交配により生まれた子猫の中に、ウェービーな毛質のネコが生まれ、また「デボンレックス」ともどり交配して、原種として確立されてきました。
「デボンレックス」が持つ縮れ毛の徳善変異は、「コーニッシュレックス」とは全く違うことが「コーニッシュレックス」との交配で直毛のネコが生まれたことからわかり、以降独自の繁殖計画が進められています。
1960年代には、イギリスにて「コーニッシュレックス」とは別の品種として公認されることとなります。
その後アメリカに渡り、1979年にはCFA(The Cat Fanciers’ Association)において「デボンレックス」が品種として認められました。

デボンレックスの特徴

一番の特徴はそのウェービーな縮れ毛です。
また耳がとても大きくて低い位置についています。
耳の付け根は幅広く、先に行くほど細くなり先端は丸くなっています。
その外見は“小さな妖精”などと比喩されることもあります。
頭部は小さめで下顎ががっちりしていて、顔は全体的にくさび型をしています。
顔が小さいということもあり、目は余計に大きく感じます。
目の色は毛色によってちがいますが、毛色と調和していて澄んだ色をしています。
体はほっそりしていますが、意外に筋肉質でよく動き回るネコです。
性格は人懐っこく、飼い主に対して愛情深くて従順です。
賢くて頭がよく、鳴き声も静かですので飼いやすいネコと言えるでしょう。
「デボンレックス」はとても遊び好きなネコで、喜んだり嬉しいことがあったりすると、まるでイヌのように尻尾を振ったりします。
そのような行動などから、「プードルのようなネコ」などと言われることもあるようです。

「デボンレックス」の基本データ

英語表記 Devon Rex
原産地 イギリス
誕生時期 1960年代
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミフォーリン(※やや細身)
カラー 毛色:ホワイト、ブラックなど単色、タビーパターン、スモークパターンなど多数、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ペルシャ : 長毛でフワフワな毛足が特徴

「ペルシャ」は、気高い雰囲気で愛嬌のある顔つき、フワフワな長毛が特徴で、古くヴィクトリア時代から人気があった品種です。

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。「バーマン」の起源は、はっきりとしたことはわかっていないのですが、幾つかの伝説があるようです。足先が白いので、まるで白い靴下を履いているように見えます。

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

バーミーズ(バーミューズ) : もともとはミャンマーの猫

もともとミャンマーにいたネコが起源である「バーミーズ(バーミューズ)」という品種のネコについてです。人懐っこく、おおらかな性格をしており、静かでおとなしいのであまり鳴くこともなく、また毛並みは短くて光沢があり、とても豊かな色彩をしているネコです。

セルカークレックス : 被毛がカールしていてモコモコな猫

「セルカークレックス」は被毛がカールしているのが特徴で、「セルカークレックス」と同様にカールしている毛並みを持っている「コーニッシュレックス」や「デボンレックス」の中でも一番新しい品種です。

ジャパニーズボブテイル : しっぽがポンポンの日本猫

ハローキティーのモデルとなったネコが「ジャパニーズボブテイル」。しっぽが短いネコというと、「マンクス」や「アメリカンボブテイル」などがいますが、日本にも「ジャパニーズボブテイル」と言う品種のネコがいます。

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。

メインクーン : 見た目は野性的だけど心優しい猫

見た目は野性的だけど心優しいネコ。「メインクーン」は北アメリカでは最も古い歴史を持っているネコで、その起源についてはいくつかの説があるようです。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。