MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

コーニッシュレックス : パーマがかかったような毛並みが特徴の甘えん坊

 

全身パーマがかかっているように縮れた毛を持っている「コーニッシュレックス」についてです。

cornish

by Paul Lewis

Sponsored Link

コーニッシュレックスの起源

「コーニッシュレックス」は、イギリスの最南・西に位置するコーンウォールで、1950年に生まれた5匹の子猫のうち、全身巻き毛だったの1匹が起源になったネコです。
そのネコが成長してから母猫との交配によりまた数匹の縮れ毛の子猫が生まれ、その後「シャム」や「ロシアンブルー」「アメリカンショートヘア」などとの交配により1967年に「コーニッシュレックス」が確立されました。
カールした被毛は単一の劣性遺伝子ですので、両親ともにこの遺伝子を持っていないと、カールした被毛の子猫は生まれません。

コーニッシュレックスの特徴

「コーニッシュレックス」の一番の特徴は、とても印象的で変わっているパーマをかけたような全身の縮れ毛です。
毛の長さは短くて体にぴったりとくっついていて、柔らかい毛質をしています。
胴体は縮れ毛でパーマがかかっていますが、頭や足の毛は、厚みのあるベルベットのような触り心地です。
体型はあまり大きくはなく小さいものから中位のものまでがいます。
ほっそりと長い胴体にとても長い脚を持っていて、脚は華奢な印象ですが筋肉はしっかり引き締まっています。
目は中くらいの大きさで少し釣り上がり気味のたまご型で、耳は大きくて先端が丸みを帯びており頭の少し高い位置にあります。
尻尾はすらっと細長くて、付け根から先端に行くにつれて細くなっていきます。
「コーニッシュレックス」の性格は、とても人懐っこくて甘えん坊。
人混みなど騒々しい場所でも怯えることもなく堂々としています。
好奇心が強くて賢く頭の良いネコで、人見知りすることもないので飼いはじめでもすぐに打ち解けることができます。
名前に入っている“レックス”というのは、よく似ている毛並みをしたウサギから取って名付けられました。

Sponsored Link

「コーニッシュレックス」の基本データ

英語表記 Cornish Rex
原産地 イギリス
誕生時期 1950年
発生スタイル 突然変異的発生(※突然変異で生まれ、変わった特徴を固定させた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ オリエンタル(※細くて長い)
カラー 毛色:ブラック、ホワイトなど単色のほか、タビーパターン、キャリコなど全色、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。

オリエンタルショートヘア : しなやかで美しいプロポーションの猫

「オリエンタルショートヘア」は毛足が短くて細く、サテンのように光沢のある毛並みをしています。性格は、とても活発で好奇心旺盛、一日中動き回っています。

ソマリ : 「アビシニアン」の長毛種

もともと「アビシニアン」から生まれたため性格は「アビシニアン」ととても似ており、賢くて活発、好奇心旺盛なネコです。

ラパーマ : 巻き毛を意味する「パーマネント」から名付けられた猫

「ラパーマ」の外見的な特徴は、名前にもあるようにそのカールした被毛です。なお、「ラパーマ」には長毛のネコと短毛のネコの2種類が存在します。カールした被毛は、特に耳の付け根のあたりと顎の下に強く現れます。

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

シャム : 高級感ただようタイ王国の猫

もともとは「タイ」のネコで、王族や僧侶など高貴な身分の人たちに飼われていたネコだと言われています。「シャム」というのはタイ王国の旧名のこと、「シャム」は、別名「ロイヤルキャットオブシャム」とも言います。

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

猫の品種における発生スタイル

猫の品種における発生スタイルは大きく分けて、「人為的発生」「突然変異的発生」「自然発生」の3つに分類されます。3種類の、猫の発生スタイルについて一つずつ見ていきます。

カリフォルニアスパングルド : 「ヒョウ」のミニチュア

「ヒョウ」のようなネコ、「カリフォルニアスパングルド」についてです。「ヒョウ」そっくりな品種を作ることで「ヒョウ」などの猛獣への愛着を沸かせて阻止しようと考え、作り出した品種です。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。