MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

シャルトリュー : 全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的な猫

 

毛皮が目的で飼育されていた時代もあったくらい魅力的な毛皮を持ったネコ「シャルトリュー」についてです。

chartreux

Sponsored Link

シャルトリューの起源

「シャルトリュー」は古くから知られている品種で、1558年の書物の中ですでに登場しています。
はっきりとした起源はわかっておらず、一説によるとフランスのシャルトリュー派の修道院の僧侶が作り出したという話しなどがあります。
18世紀に博物学者のビュフォンという人から「フェリス・カートゥス・コエルレウス(鋭い声で鳴く暗青色のネコ)」というラテン語の名前をつけられたりしています。
フランスでは、何世紀にわたってネズミを捕獲するためのネコとして大切にされてきましたが、一時期は「シャルトリュー」特有の被毛を取るために飼育された時代もあり、数は大分少なくなってしまいました。
「シャルトリュー」がアメリカに渡ったのは1970年代のことでした。

シャルトリューの特徴

「シャルトリュー」は全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的なネコです。
毛質は、厚くて柔らかく、弾力性があることに加えて撥水性があります。
そのため、その被毛を目的に飼育されていた時期があり、とても高価な価格で売買されていた時期もあります。
体の大きさの割に足は短め。その姿がまるで「マッチ棒を刺したじゃがいものようだ」と例えられることもありました。
「シャルトリュー」はたくましい上に忍耐力があるため、環境に順応しやすいネコです。
人懐っこくておとなしく行儀がよいので、飼いやすいネコの一つといえるでしょう。

Sponsored Link

「シャルトリュー」の基本データ

英語表記 Chartreux
原産地 フランス
誕生時期
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。「バーマン」の起源は、はっきりとしたことはわかっていないのですが、幾つかの伝説があるようです。足先が白いので、まるで白い靴下を履いているように見えます。

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。 by Mel

オリエンタルロングヘア : 「オリエンタルショートヘア」の長毛種

「オリエンタルロングヘア」は、「シャム」との交配により生まれた「オリエンタルショートヘア」の育種の過程に生まれた長毛種のネコです。性格は、「シャム」の性質を受け継ぎ人懐っこくて甘えん坊です。

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

シンガプーラ : “小さな妖精”

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。