MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

 

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。

フライドチキン
「フライドチキン」は猫のための食べ物ではなく、人間のための食べ物です。

Sponsored Link

匂いにつられて必ず欲しがる「ケンタッキーフライドチキン」、ネコが食べてしまうと・・・

家で「ケンタ」を食べていると、必ず足元にちょこんと座っておねだりしてきます。
その姿があまりにも可愛いので、塩分の多そうな皮を避けて、身の部分を少しあげたりしたこともあります。
手のひらにすこしだけ乗せて、わざと意地悪く取れそうで取れない高さで手を差し出すと、瞳孔をひらいて目を真っ黒にして、両手で腕を掴んで自分に引き寄せようとする姿が可愛くて、ついつい毎回食べさせてあげたくなってしまいます。
しかし、「フライドチキン」はネコにとっては塩分や脂分が多すぎるため、食べてしまうことにより内蔵に負担がかかり、老廃物を排泄できなくなり、尿毒症になったり、症状がわるければ腎不全で死んでしまうこともあります。
また、「フライドチキン」には細い骨がおおく含まれていますので、骨を食べて喉に刺さってしまうという危険もあります。

ネコに「鶏の唐揚げ」や「焼き鳥」「肉団子」も与えるのは危険です

鶏の唐揚げ
「フライドチキン」の他に、「鳥の唐揚げ」や「肉団子」などの加工物には「ネギ」がふくまれていることがあります。
人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。
「ネギ」を食べるとネコはネギ中毒になってしまいますので、基本的にはこれらの食べ物はネコに与えてはいけません。
また市販の「焼き鳥」も味付けしてあるので、塩分、脂分が多すぎるため与えてはいけません。

チキンはチキンでも「鶏のササミ」はネコもOK

鶏のササミ
加工物を与えることはリスクが伴いますが、鶏肉自体はネコにとって必要なタンパク質を含んでいるのでネコの食べ物としては適しています。
ただし、ササミを与える場合は、下痢を起こす事のないように茹でることでよく火を通す必要があります。
茹でたササミは2,3cmにほぐして食べやすいようにした状態のものをネコに与えましょう。
以前、真夏の暑い時期に、我が家の「メオ」が、ご飯を急に食べなくなった時がありました。
おそらく、症状からすると夏バテの状態だったのだろうと思います。
この時、「メオ」が食べられるものを探そうといろいろ試した結果、味付けしていないサラミを茹でたものだけは、喜んでバクバク食べてくれました。
普通にスーパーで売っている食用サラミだったので私も一緒に食べてみましたが、味がないので不味い。
でも決して味付けしてはいけません。ネコにとってはそれで十分ということのようです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

蓄積病(ちくせきびょう)、水頭症(すいとうしょう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫における細胞の異常や脳の病気についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「蓄積病(ちくせきびょう)」「水頭症(すいとうしょう)」について見ていきます。

「ほうれん草」など“アク”がでる野菜は猫にとって毒

“アク”がでる野菜には「シュウ酸」が含まれており、猫が「シュウ酸」を摂り過ぎると「尿路結石症」になってしまいます。「尿路結石症」は一度なってしまうと再発しやすい病気ですので、「ほうれん草」を食べさせないようにすることに加え、普段からの予防が大切です。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

癌(がん)・リンパ腫、猫エイズ(FIV) : 飼い主が知っておきたい重い病気

かかると重い病気として「癌(がん)・リンパ腫」や「猫エイズ」という病気があります。今回は、これら猫における重い病気、「癌(がん)・リンパ腫」、「猫エイズ」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

[再生性貧血]溶血性貧血(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症)についてです。