MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

 

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。

フライドチキン
「フライドチキン」は猫のための食べ物ではなく、人間のための食べ物です。

Sponsored Link

匂いにつられて必ず欲しがる「ケンタッキーフライドチキン」、ネコが食べてしまうと・・・

家で「ケンタ」を食べていると、必ず足元にちょこんと座っておねだりしてきます。
その姿があまりにも可愛いので、塩分の多そうな皮を避けて、身の部分を少しあげたりしたこともあります。
手のひらにすこしだけ乗せて、わざと意地悪く取れそうで取れない高さで手を差し出すと、瞳孔をひらいて目を真っ黒にして、両手で腕を掴んで自分に引き寄せようとする姿が可愛くて、ついつい毎回食べさせてあげたくなってしまいます。
しかし、「フライドチキン」はネコにとっては塩分や脂分が多すぎるため、食べてしまうことにより内蔵に負担がかかり、老廃物を排泄できなくなり、尿毒症になったり、症状がわるければ腎不全で死んでしまうこともあります。
また、「フライドチキン」には細い骨がおおく含まれていますので、骨を食べて喉に刺さってしまうという危険もあります。

ネコに「鶏の唐揚げ」や「焼き鳥」「肉団子」も与えるのは危険です

鶏の唐揚げ
「フライドチキン」の他に、「鳥の唐揚げ」や「肉団子」などの加工物には「ネギ」がふくまれていることがあります。
人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。
「ネギ」を食べるとネコはネギ中毒になってしまいますので、基本的にはこれらの食べ物はネコに与えてはいけません。
また市販の「焼き鳥」も味付けしてあるので、塩分、脂分が多すぎるため与えてはいけません。

チキンはチキンでも「鶏のササミ」はネコもOK

鶏のササミ
加工物を与えることはリスクが伴いますが、鶏肉自体はネコにとって必要なタンパク質を含んでいるのでネコの食べ物としては適しています。
ただし、ササミを与える場合は、下痢を起こす事のないように茹でることでよく火を通す必要があります。
茹でたササミは2,3cmにほぐして食べやすいようにした状態のものをネコに与えましょう。
以前、真夏の暑い時期に、我が家の「メオ」が、ご飯を急に食べなくなった時がありました。
おそらく、症状からすると夏バテの状態だったのだろうと思います。
この時、「メオ」が食べられるものを探そうといろいろ試した結果、味付けしていないサラミを茹でたものだけは、喜んでバクバク食べてくれました。
普通にスーパーで売っている食用サラミだったので私も一緒に食べてみましたが、味がないので不味い。
でも決して味付けしてはいけません。ネコにとってはそれで十分ということのようです。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

[非再生性貧血]鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)、コバラミン・葉酸欠乏貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」「コバラミン・葉酸欠乏貧血」について見ていきます。

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。

胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫における腫瘍としては、肝臓腫瘍よりも多く発生する可能性があるのが単館系の腫瘍です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「胆管系(たんかんけい)の腫瘍」「膀胱(ぼうこう)腫瘍」について見ていきます。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

代謝性ミオパシー、ステロイドミオパシー、ラブラドールレトリバーミオパシー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患のことを総称して「ミオパシー」または「ミオパチー」といいます。今回は、猫の筋肉疾患、「代謝性ミオパシー」「ステロイドミオパシー」「ラブラドールレトリバーミオパシー」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。