MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

 

猫が「ネギ」を食べると「ネギ中毒」になってしまうので危険です。

ネギ

今回は猫にとって毒である「ネギ」について見ていきます。

Sponsored Link

猫が「ネギ」を食べてしまうと・・・

猫に食べさせてはいけないものとして「ネギ」類があります。
「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。
猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。
子猫や高齢の猫だと、場合によってはひどい貧血になり遂には死んでしまうこともあります。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけない理由

ネギには、「アリルプロピルジスフィド」という成分が含まれており、人間とは違い「ネコ」「イヌ」「ウシ」がこれを食すると、「ネギ中毒」になってしまいます。
「ネギ中毒」になってしまうと、「アリルプロピルジスフィド」が赤血球中のヘモグロビンを変化させてしまい、赤血球を破壊してしまいます。
「ネギ」は加熱したり調理したとしても「アリルプロピルジスフィド」の毒性は消えませんので、「玉ねぎ入りのコンソメスープ)や「ハンバーグ」など、猫に与えるのはもちろんのこと、隙をみて食べられてしまったということがないように注意しましょう。
「アリルプロピルジスフィド」の摂取量による症状の重さは、猫によって体質が違うので猫それぞれです。

「うっかり目を離した隙に!」に気をつけて

うっかりに気をつけて

スーパーマーケットへ買い物に行って買ってきた買い物袋や、宅配便が届いたときのダンボール箱、仕事から帰ってきたあとのカバンや、冷蔵庫から出してきた食べ物など、いつもと違うものを見つけるととりあえず近づいてクンクン匂いを嗅ぐのが猫です。
我が家のメオも同様です。柑橘類(みかんやオレンジなど)は嫌いな匂いなので目をシバシバさせて離れていきますが、基本的に外から来たものの匂いは気になってクンクン、ビニール紐などは気をつけてみていないと食べてしまうこともあります。
以前、我が家のメオがビニール紐で一人で遊んでいたので放っておいたところ、気づいたら紐がない!口を広げてみましたがもう既に飲み込んだあとでした。
その後、心配しながら様子を見ていましたが、数日後フンと一緒にでてきて一安心、ということがありました。
「ネギ」そのものについては、匂いを嗅ぐと体に悪いものだということがわかるようで離れていくのが普通ですが、ネギの匂いが薄まったネギ入りの料理など、目を離した隙に食べられてしまわないように気をつけています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー、筋ジストロフィー : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

の筋肉が硬直化する病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」「筋ジストロフィー」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症、好酸球(こうさんきゅう)増加症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」に関する異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好中球(こうちゅうきゅう)増加症・減少症」「好酸球(こうさんきゅう)増加症」について見ていきます。

僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」の開口部が奇形のため狭くなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁狭窄症(ほうそうべんきょうさくしょう)」について見ていきます。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の発達異常による病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心内膜床欠損症(しんないまくしょうけっそんしょう)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓における先天性の病気についてです。今回は、猫における循環器疾患、「ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)」について見ていきます。

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

先天的な心臓病で「右心房」と「左心房」の間に穴が空いてしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)」について見ていきます。

胸腺腫(きょうせんしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

老齢の猫に発生する悪性腫瘍があります。 今回は、猫における腫瘍性疾患、「胸腺腫(きょうせんしゅ)」について見ていきます。