MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

 

猫が「ネギ」を食べると「ネギ中毒」になってしまうので危険です。

ネギ

今回は猫にとって毒である「ネギ」について見ていきます。

Sponsored Link

猫が「ネギ」を食べてしまうと・・・

猫に食べさせてはいけないものとして「ネギ」類があります。
「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。
猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。
子猫や高齢の猫だと、場合によってはひどい貧血になり遂には死んでしまうこともあります。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけない理由

ネギには、「アリルプロピルジスフィド」という成分が含まれており、人間とは違い「ネコ」「イヌ」「ウシ」がこれを食すると、「ネギ中毒」になってしまいます。
「ネギ中毒」になってしまうと、「アリルプロピルジスフィド」が赤血球中のヘモグロビンを変化させてしまい、赤血球を破壊してしまいます。
「ネギ」は加熱したり調理したとしても「アリルプロピルジスフィド」の毒性は消えませんので、「玉ねぎ入りのコンソメスープ)や「ハンバーグ」など、猫に与えるのはもちろんのこと、隙をみて食べられてしまったということがないように注意しましょう。
「アリルプロピルジスフィド」の摂取量による症状の重さは、猫によって体質が違うので猫それぞれです。

「うっかり目を離した隙に!」に気をつけて

うっかりに気をつけて

スーパーマーケットへ買い物に行って買ってきた買い物袋や、宅配便が届いたときのダンボール箱、仕事から帰ってきたあとのカバンや、冷蔵庫から出してきた食べ物など、いつもと違うものを見つけるととりあえず近づいてクンクン匂いを嗅ぐのが猫です。
我が家のメオも同様です。柑橘類(みかんやオレンジなど)は嫌いな匂いなので目をシバシバさせて離れていきますが、基本的に外から来たものの匂いは気になってクンクン、ビニール紐などは気をつけてみていないと食べてしまうこともあります。
以前、我が家のメオがビニール紐で一人で遊んでいたので放っておいたところ、気づいたら紐がない!口を広げてみましたがもう既に飲み込んだあとでした。
その後、心配しながら様子を見ていましたが、数日後フンと一緒にでてきて一安心、ということがありました。
「ネギ」そのものについては、匂いを嗅ぐと体に悪いものだということがわかるようで離れていくのが普通ですが、ネギの匂いが薄まったネギ入りの料理など、目を離した隙に食べられてしまわないように気をつけています。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺)における腫瘍、膵臓(すいぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

「上皮小体(じょうひしょうたい)」の腫瘍は、猫においては稀なケースではあるようです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「上皮小体(じょうひしょうたい)における腫瘍」「膵臓(すいぞう)における腫瘍」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

生まれつき股関節に異常がある、猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)」について見ていきます。

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における寄生虫による病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

排尿障害(はいにょうしょうがい) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

「膀胱炎(ぼうこうえん)」が併発していることが多々あります。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「排尿障害(はいにょうしょうがい)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(急性骨髄性白血病、リンパ芽球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

猫における「白血病」にも種類があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「急性骨髄性白血病」、「リンパ芽球性白血病」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。