MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

バーマン : 伝説を持つビルマの聖なる猫

 

ビルマの聖猫「バーマン」についてです。


Sponsored Link

バーマンの歴史・起源

「バーマン」の起源は明確ではありませんが、幾つかの伝説があります。
「現在のミャンマーであるビルマにおける高僧、ムンハーのもとに現れた「シン」という名前の白い猫が起源」という説や、「ラオスにある寺院で飼育されていた聖なるネコが起源」という説です。なおラオスの寺院にいた聖なる猫は、寺院で働いていた使用人によって“ヴァンダービルト”というアメリカ人に渡されたとのことです。また、ミャンマーの寺院が襲撃された際に、当時ミャンマーにいたフランス在住のイギリス軍兵により守られ、後にフランスへ連れて帰ったという説もあるようです。
「バーマン」はもともとミャンマーにいた猫ですが、純血種として品種登録されたのは1925年のフランスでのことでした。
純血の品種として認められた「バーマン」は、その後、他の純血種と同様に第二次世界大戦によって一時期、絶滅の危機が訪れましたが、終戦後、生き残った「バーマン」を繁殖させるために、ブリーダーたちによって交配が繰り返され絶滅は免れました。

バーマンの特徴

「バーマン」は、毛足が長くセミロングからロングで毛質はとても柔らかく、腹部の毛は少しカールしています。
また足先の毛色が白く、まるで白い靴下を履いているように見えるのが特徴的です。
目はまんまるで大きく、少しつり上がっていて、瞳の色は深く澄んだサファイアブルーをしており、まるで宝石のようです。
性格は聖猫の名に相応しく落ち着いた風格で、飼い主に対しては従順なので飼いやすい猫です。
しかし飼い主には従順な一方で、知らない人には人見知りしやすいようです。
「バーマン」は新しい生活環境にも適応しやすくすぐに馴染むことができ、また他に動物がいても仲良くやっていくことができます。
とても賢くて優しい性格なので、小さい子供と一緒に暮らしたとしても安心して飼うことができる猫です。

「バーマン」の基本データ

英語表記 Birman
原産地 ミャンマー
誕生時期 1925年
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ ロングアンドサブスタンシャル(※がっしりして長い)
カラー 毛色:チョコレートポイント、ブルーポイント、シールポイントなど、目色:サファイアブルー

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

トンキニーズ : 「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」から生まれた猫

1950年代から1970年代にかけてアメリカやカナダで「シャム」と「バーミーズ(バーミューズ)」との交配によって生まれた品種です。活発で遊び好き、好奇心旺盛でいつも動き回っているネコです。

ロシアンブルー : 飼い主に従順な猫

「ロシアンブルー」は飼い主に従順で人懐っこいため、「犬のような性格のネコ」と言われることもあります。
しかし、飼い主には従順で愛情を持つ一方、知らない人には人見知りするタイプでシャイな一面をもっています。

オリエンタルショートヘア : しなやかで美しいプロポーションの猫

「オリエンタルショートヘア」は毛足が短くて細く、サテンのように光沢のある毛並みをしています。性格は、とても活発で好奇心旺盛、一日中動き回っています。

ラガマフィン : 「ラグドール」にとても似ている猫

「ラガマフィン」の元は「ラグドール」です。見た目だけでなく、性格も「ラグドール」にとても似ており、穏やかでやさしく賢いネコです。抱っこされるのが好きな珍しい品種です。

バリニーズ : 身のこなし方がまるで「バリの踊り子」

「バリニーズ」は、まるで羽根のような尻尾を立てて歩く”エレガント”なところが特徴です。もともとは長毛の「シャム」ですが、性格は「シャム」と比較すると穏やか。

エジプシャンマウ : 古代エジプトの壁画のような猫

古代エジプトのネコに似ている「エジプシャンマウ」。「マウ」というのは、エジプトの「ネコ」という言葉です。エジプシャンマウの原種はエジプトのネコと、イタリアのネコの掛け合わせのようです。

ベンガル : 「ジャガー」のような野生的な外見の猫

「ベンガル」といっても俳優のベンガルさんではありません。そもそも俳優のベンガルさんの由来は、「ベンガルの虎」という演劇から来ているようですので、ネコの「ベンガル」とは全く関係ないようです。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

キムリック : 「マンクス」の長毛版

「キムリック」は1960年代にカナダで、「マンクス」の繁殖の過程で突然変異によって生まれた長毛のネコです。つまり「マンクス」の長毛版ネコです。

アメリカンボブテイル : しっぽがポンポンだ!

しっぽがチアリーダーのポンポンのように短い「アメリカンボブテイル」という品種についてです。 by Shelly