MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は猫にとって毒

 

猫の体は、エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を分解することができません。


エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を猫が摂取すると、植物成分によって中毒症状を起こすことがあります。
猫のことを考えた場合、エッセンシャルオイルを直に猫の肌や毛に塗ることはもちろんのこと、猫のいる部屋でアロマオイルを焚くことも避けるべきでしょう。
猫が直接的に肌からエッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)を摂取してしまった場合は急性中毒となり、また部屋でアロマオイルを焚くなどによって空気を介してゆっくり吸収した場合は有害成分が体内に蓄積され慢性中毒を起こすことがあります。
その場合、吐き気や食欲不振、ぐったりしてしまうなどの症状が見られ急性中毒の場合は重症になる危険も考えられます。
このことは、比較的最近発覚したということもあり、まだあまり広くしられていないようです。
ペットがいる家だと、動物臭を消すためにアロマオイルを炊いてしまっているということも十分に考えられます。
猫の飼い主は、エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)の猫における危険性を把握した上で十分に注意することが大切です。

Sponsored Link

エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)が猫に良くないということが判ったのはまだ最近のこと


エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)が猫にとって有害であるということは、オーストラリアやニュージーランド、インドネシアに生息する常緑植物「ティーツリー(ティートゥリー)」から抽出される「ティーツリー(ティートゥリー)」と呼ばれる精油が含まれたシャンプーなどを猫に使用したことによって猫の具合が悪くなったという事例が、1990年代のアメリカで相次いで発生したのがきっかけとなり、判かったと言われています。
その後、アメリカの大学で「ティーツリー(ティートゥリー)」の猫への影響について研究されることとなり、その結果「ティーツリー(ティートゥリー)」の精油が猫に中毒症状を起こすということが判ったと言われています。
「ティーツリー(ティートゥリー)」には抗菌・消臭効果があるため、犬や馬などの動物におけるノミやダニへの対策として「ティーツリー(ティートゥリー)」を含むシャンプーや消臭スプレーなどを使用することがありました。
まだ有害であることが認知されていなかった頃は、同様に猫にも使用されることがあったのかもしれません。
猫にとって「ティーツリー(ティートゥリー)」の精油が有害であるということは立証されているようですが、他の種類のエッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)については、まだ明確ではないものもあるようです。
しかし「ティーツリー(ティートゥリー)」が猫にとって有害であるということが立証されている限り、猫のことを考えるとエッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)全般において、できる限り使用しないほうが良いと言えるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

血尿症(けつにょうしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

尿の中に血液が混ざっている状態が「血尿症(けつにょうしょう)」です。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「血尿症(けつにょうしょう)」について見ていきます。

鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)、鼻腔内・鼻咽頭ポリープ : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

鼻道や鼻腔内、鼻咽頭における病気についてです。今回は、猫における呼吸器疾患、「鼻咽頭狭窄症(びいんとうきょうさくしょう)」、「鼻腔内・鼻咽頭ポリープ」について見ていきます。

レプトスピラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人獣共通感染症であり、家畜伝染病予防法で届出伝染病に含まれる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「レプトスピラ症」について見ていきます。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

猫白血病ウイルス(FeLV)、トキソプラズマ症 : 飼い主が知っておきたい重い病気

感染したネズミなどから感染する病気もあります。今回は、猫における重い病気、「猫白血病ウイルス」(FeLV)、「トキソプラズマ症」について見ていきます。

ロタウイルス性腸炎、レオウイルス感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫を含む哺乳類の動物に感染する恐れのあるウイルス感染症についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ロタウイルス性腸炎」、「レオウイルス感染症」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ピルビン酸キナーゼ欠損症、ポルフィリン症)についてです。