MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ペルシャ : 長毛でフワフワな毛足が特徴

 

長毛でフワフワ、気高い雰囲気を持ったネコ「ペルシャ」

persian

Sponsored Link

ペルシャの起源

「ペルシャ」の正確な起源はいまでも不明ですが、名前からペルシャ(現在のアフガニスタン)が原産と考えられています。
16世紀にトルコからイタリアへ連れて行かれた長毛種のネコが、「ペルシャ」や「アンゴラ(ターキッシュアンゴラ)」の祖先のネコであると考えられています。
「ペルシャ」がイギリスで現れたのは16世紀後半のことで、ヴィクトリア時代から人気があった品種です。
19世紀後半にはイギリスからアメリカへ渡り、ブリーダーにより交配、改良が行われて来ました。
「ペルシャ」は、現在ではキャットショーでよく見かけられる有名な品種となりました。

ペルシャの特徴

「ペルシャ」は、気高い雰囲気で愛嬌のある顔つき、フワフワな長毛が特徴です。
尻尾はふさふさと長く立派で、決して長くはないですがボディとの釣り合いが取れています。
長毛でフワフワな毛足であるため、飼育には毛玉を作らないように日々のお手入れが大事で、入浴の必要もあります。
性格は、飼い主に従順でおっとりしており、いたずらをしたり家具の上に飛び乗ったりすることも殆どありません。
大きな声も出すことがなく、とても静かな品種のネコです。

「ペルシャ」の基本データ

英語表記 Persian
原産地 イギリス
誕生時期
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ コビー(※太くて丸い)
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

シンガプーラ : 「小さな妖精」

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

バリニーズ : 身のこなし方がまるで「バリの踊り子」

「バリニーズ」は、まるで羽根のような尻尾を立てて歩く”エレガント”なところが特徴です。もともとは長毛の「シャム」ですが、性格は「シャム」と比較すると穏やか。

ヨーロピアンショートヘア : 歴史あるヨーロッパの血統種

数が少なく珍しい品種「ヨーロピアンショートヘア」についてです。

ノルウェージャンフォレストキャット : ノルウェーの森の猫

ノルウェーの神話の中にも登場する神秘的なネコ「ノルウェージャンフォレストキャット」についてです。

ラグドール : ぬいぐるみのような猫

「ラグドール」は英語で「ぬいぐるみ」の意味です。性格は人懐っこくおおらかで、「ラグドール」という名前にもあるとおり「ぬいぐるみ」のように抱っこされても嫌がることなく、むしろ喜んでくれるほどです。

シャルトリュー : 全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的な猫

「シャルトリュー」は全身ブルーグレーの被毛がとても魅力的なネコです。毛質は、厚くて柔らかく、弾力性があることに加えて撥水性があります。

バーミーズ(バーミューズ) : もともとはミャンマーの猫

もともとミャンマーにいたネコが起源である「バーミーズ(バーミューズ)」という品種のネコについてです。人懐っこく、おおらかな性格をしており、静かでおとなしいのであまり鳴くこともなく、また毛並みは短くて光沢があり、とても豊かな色彩をしているネコです。

ヒマラヤン : 「シャム」と「ペルシャ」が一緒になった猫

「ヒマラヤン」は、長くて厚く絹のようにやわらかい、光沢のある毛質が特徴です。「ペルシャ」の体型と被毛に「シャム」の模様を持っているのが魅力のネコです。

メインクーン : 見た目は野性的だけど心優しい猫

見た目は野性的だけど心優しいネコ。「メインクーン」は北アメリカでは最も古い歴史を持っているネコで、その起源についてはいくつかの説があるようです。

アメリカンワイヤーヘア : 曲がった毛先が特徴の猫

曲がった毛先が特徴のネコ「アメリカンワイヤーヘア」という品種のネコについてです。「アメリカンワイヤーヘア」の原種は、我が家のメオと同じ「アメリカンショートヘア」です。