MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ソマリ : 「アビシニアン」の長毛種

 

ロングヘアード・アビシニアンとも言われる「ソマリ」についてです。

somali

Sponsored Link

ソマリの起源

「ソマリ」の原種は「アビシニアン」です。
昔から「アビシニアン」からはたまに長毛のネコが生まれることがあったということで、イギリスで1930年代に「アビシニアン」の長毛種として登録されていたようです。
「アビシニアン」から生まれた長毛のネコの繁殖がブリーダーにより始められて間もなく長毛種として確立、1978年に「ソマリ」として品種登録されました。
「ソマリ」という名前は、アフリカのアビシニア(現在のエチオピア)隣国のソマリアが由来とされています。

ソマリの特徴

もともと「アビシニアン」から生まれたため性格は「アビシニアン」ととても似ており、賢くて活発、好奇心旺盛なネコです。
人懐っこく飼い主には忠実なことから、犬のような性格のネコと言われることもあります。
ネコは家につく、などと言われますが、「ソマリ」は特に環境の変化に敏感な傾向があり環境が変わることにより人見知りしたりします。
また騒音には敏感で、嫌う傾向があります。
「ソマリ」は鳴き声が特徴的で、「鈴を転がしたような声」などと比喩されるように、可愛らしい声で鳴きます。
毛足は長いネコに分類されますが、「ペルシャ」などに比べるとやや短い長毛です。

「ソマリ」の基本データ

英語表記 Somali
原産地 Somali
誕生時期 イギリス
発生スタイル
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ フォーリン(※細身)
カラー 毛色:、目色:

 - 猫の品種 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

シンガプーラ : 「小さな妖精」

「シンガプーラ」は世界最小のネコの品種だと言われており、そこから「小さな妖精」という呼び名がついています。やさしい性格で、しかも体が小さいので、赤ちゃんがいる家でも安心して飼えるネコといえるでしょう。

猫のボディータイプ

猫は一般的に、体型・体格によって大きく6つのボディータイプに振り分けられています。6つのボディータイプ、「コビー・タイプ」「セミコビー・タイプ」「セミフォーリン・タイプ」「フォーリン・タイプ」「オリエンタル・タイプ」「ロングアンドサブスタンシャル・タイプ」について見ていきます。

コラット : 幸運の猫

「コラット」は幸福と反映の象徴として人々から大切にされてきたネコで、「シ・サワット(幸運のネコ)」という別名もあります。

スコティッシュフォールド : 飼い猫として人気の高い猫

常に人気ランキング上位の「スコティッシュフォールド」。英語で「折れ曲がった」という意味の「フォールド」という言葉が名前にあるように、一番の特徴は前に折れ曲がった耳です。

スフィンクス : 耳が大きく無毛で個性的な猫

無毛に見える体と、毛が無いために見えるしわ、まっすぐに立っていてとても大きな耳など、とても個性的なネコ。無毛に見えますが実は全くの無毛ではなく、産毛に覆われていて、手触りはスウェードを触っているような感じがします。

ピクシーボブ : 体のサイズが大きくて尻尾が短い猫

「ピクシーボブ」は、体のサイズが大きくて尻尾が短いのが特徴です。また鳴き声が普通のネコとは違って個性的で鳥のようです。とても賢く、人の言葉を理解することに長けており洞察力に富んだネコです。

カリフォルニアスパングルド : 「ヒョウ」のミニチュア

「ヒョウ」のようなネコ、「カリフォルニアスパングルド」についてです。「ヒョウ」そっくりな品種を作ることで「ヒョウ」などの猛獣への愛着を沸かせて阻止しようと考え、作り出した品種です。

シャム : 高級感ただようタイ王国の猫

もともとは「タイ」のネコで、王族や僧侶など高貴な身分の人たちに飼われていたネコだと言われています。「シャム」というのはタイ王国の旧名のこと、「シャム」は、別名「ロイヤルキャットオブシャム」とも言います。

マンチカン : 短い足がかわいらしいネコ版「ダックスフンド」

言わば、イヌの「ダックスフンド」のネコ版、「マンチカン」は足の短いところ(短足ネコ)が最大の特徴です。「マンチカン」という名前の由来は、「短縮」という意味(英語)で、短足でちょこちょこ動き回る姿はとても愛くるしく性格的にも好奇心旺盛で、くるみのような大きな目をしている、まさに愛されキャラのネコ。

ハバナブラウン : とても賢いけれど甘えん坊

「ハバナブラウン」は、1950年代のはじめにイギリスでブラウンの毛色の遺伝子を持ったシールポイントの「シャム」と、「シャム」の血が混ざった黒猫との交配で誕生しました。