MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

 

猫に「イカ(生)」や「タコ(生)」を与えてはいけません。

イカを食べると腰を抜かす
猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。今回はなぜ猫に「イカ(生)」や「タコ(生)」を与えてはいけないのかを見ていきます。

Sponsored Link

猫に「イカ」を食べさせると・・・

「イカ(生)」を食べると猫は急性ビタミンB1欠乏症になり、腰を抜かしたように動けなくなってしまいます。
軽い症状の場合でも、食欲が低下して食べなくなったり、嘔吐したりします。
症状が重くなると、痙攣をおこしたり、普段みられない異常な姿勢をしたり、猫によっては大声で叫んだりといった状態になります。
本当に重症の場合は、昏睡状態に陥ったり、ついには死んでしまうこともあるほどです。
猫の飼い主は、生のイカやタコは絶対に猫に食べさせてはいけない食材として認識しておくことが大切です。

猫に「イカ」を食べさせてはいけない理由

イカ
「イカ」に含まれる「チアミナーゼ」という酵素が、猫の体内で「ブドウ糖」を体内で使うために必要な「ビタミンB1」を壊してしまうためです。
「ブドウ糖」が足りなくなると疲労感を感じるのは人間も同じことですね。
猫については「ビタミンB1」が壊されてしまうせいで「ブドウ糖」不足になり、極度に疲労し歩行不可能な状態になってしまい、その結果、腰を抜かしたような状態になり、歩行障害が発生します。
なお、同様に「チアミナーゼ」が含まれるものとしては「タコ」があり、同様の症状がおこります。
「チアミナーゼ」は加熱することで失活しますので、「イカ」も「タコ」も生でなければ腰を抜かすことはありません。
症状はその猫の体質によっても違うようですが、もし猫にイカを食べさせてしまって心配な場合は、できるだけ早めに獣医師に診てもらいましょう。

猫にとって必要な栄養素の一つに「タウリン」があります。
猫はタウリンを合成する酵素をもっておらず、その為猫にとってタウリンは重要な栄養分のひとつです。
CMなどでタウリン配合を訴求していますが、人間が疲れたときに飲む栄養ドリンク(リポビタンD[大正製薬]、チオビタドリンク[大鵬薬品工業]、リゲイン[第一三共ヘルスケア]など)に含まれている、あの「タウリン」です。
イカやタコなどの軟体動物には、組織に遊離状態でタウリンを多く含んでいるため、猫はイカやタコが好きだったりします。
加熱すれば「チアミナーゼ」はなくなりますが、それでも与えすぎるのはやめたほうが良いでしょう。
猫にとってイカやタコは消化しづらい食材ですし、スルメなどは水を含むと膨張するため急性胃拡張をおこしてしまう危険性もあります。
もし猫が欲しがったときでも、人間がコントロールして与えることが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫回虫症(トキソカラ症)、瓜実条虫(サナダ虫) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

寄生虫は猫にさまざまな悪影響を及ぼしますので、異常がみられたらすみやかに獣医師にみてもらうことが大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「猫回虫症」(トキソカラ症)、「瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)」(サナダ虫)について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における病気についてです。今回は、猫における消化器系の病気、「巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)」について見ていきます。

乳腺における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

しきりにお腹や乳腺をなめるようなことがあれば、乳腺の腫瘍を疑う必要があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「乳腺における腫瘍」について見ていきます。

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

赤血球増加症(多血症) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

赤血球減少によって起こるのが「貧血」ですが、逆に赤血球が増加する病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「赤血球増加症」(多血症)について見ていきます。

リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫において最も発生することが多い腫瘍性疾患が「リンパ腫」です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「リンパ腫」について見ていきます。

[止血凝固異常]血友病(けつゆうびょう)、フォン・ヴィレブランド病 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

遺伝性疾患による、血液凝固機構の異常=「止血凝固異常」についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「血友病(けつゆうびょう)」「フォンヴィレブランド病」について見ていきます。

皮膚血管炎(ひふけっかんえん)、皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚の血管壁に起こる皮膚炎、先天的な異常による皮膚の病気があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚血管炎(ひふけっかんえん)」、「皮膚無力症」(エーラス・ダンロス症候群)について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]白血病(慢性骨髄性白血病、慢性リンパ球性白血病) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「慢性白血病」は、症状がゆるやかに進行する白血病です。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血病」における「慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)」、「慢性リンパ球性白血病」について見ていきます。