MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%99%e3%82%8b%e8%8c%b6%e3%83%88%e3%83%a9
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

尿崩症(にょうほうしょう)

猫の脳における「下垂体」から分泌される抗利尿ホルモンの分泌不全、あるいは腎臓の機能不全によって発症するのが「尿崩症(にょうほうしょう)」です。

「尿崩症(にょうほうしょう)」の原因・症状

「尿崩症(にょうほうしょう)」は猫においては稀な病気です。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の症状としては、尿の量が急激に増加し、排尿された分の水分を補うために大量に水を飲むようになります。
失禁や夜尿症などの症状が現れることもあります。
また、飲み水を常に探し回り落ち着きがなくなったり、「脱水症状」や「高ナトリウム血症」による痙攣などの神経症状が現れることもあるようです。
「ナトリウム」は体内における水分バランスをとる役割をしており、「ナトリウム」の濃度が高くなることで浸透圧が上昇し水分が細胞外に排出されてしまい、細胞が死滅してしまうこともある危険な状況が「高ナトリウム血症」です。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の原因は、猫の脳における「下垂体」から分泌される抗利尿ホルモンである「バソプレッシン」の分泌不全による「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」と、尿を作り出している腎臓における「バソプレッシン受容体」の機能不全による「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」とに分けられます。

 

「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」

「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」の原因としては、腫瘍、あるいは交通事故による頭部の外傷、外科手術による場合などが挙げられます。
原因が脳における下垂体、視床下部の腫瘍である場合、視覚欠損や発作など神経症状が見られる場合があります。
治療としては、合成バソプレッシン製剤を点眼や点鼻で投与することになるでしょう。

 

「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」

「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」の場合、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」や「尿細管間質性腎炎(にょうさいかんかんしつせいじんえん)」などの腎疾患、また「高カルシウム血症」や「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」などの代謝病と併発して発症します。
(※「腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
(※「癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気」)
治療としては、サイアザイド系利尿剤などの投与が行われることになるでしょう。
また、腎臓における基礎疾患の内容によって治療内容が決まります。

 
動物病院での診断は、多飲多尿の症状の確認、血液検査などによって行われることになります。
水分の多飲を把握するためには、与えた水の量と飲み残した水の量を計測して体重1kgあたり45ml/日以上水を飲んでいるかどうかを確認します。
早期発見早期治療が大切ですので、普段から猫の状態を観察し異常を感じたら速やかに獣医師に診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

腸炎(ちょうえん)、肛門嚢炎(こうもんのうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

病気でトイレが不快だと非常に辛いのは猫も一緒です。今回は、猫における消化器系の病気、「腸炎(ちょうえん)」、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」について見ていきます。

ムコ多糖症 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

ライソゾーム蓄積病の一種の、骨関節弛緩についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「ムコ多糖症」について見ていきます。

急性胃炎(きゅうせいいえん)、慢性胃炎(まんせいいえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の損傷により発生する病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性胃炎(きゅうせいいえん)」「慢性胃炎(まんせいいえん)」について見ていきます。

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

果物屋
猫も食べられる果物

猫に食べさせてはいけない果物やできればあまり食べさせたくない果物もありますが、全てがダメなわけではなく、猫の体にもよい果物もあります。ただし、果物は全般的に糖分が高いので、くれぐれも食べさせすぎは禁物です。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓の機能が著しく低下してしまった時に起こる症状があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「高窒素血症(こうちっそけっしょう)」「腎不全(じんふぜん)」「尿毒症(にょうどくしょう)」について見ていきます。

心筋症、貧血 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

血液の循環は、酸素供給、二酸化炭素の除去、水分供給、温度調節、栄養分供給など数多くの役割を担っています。循環器系の病気になると、血液が果たしている役割に支障をきたすため命を脅かすことすらあります。今回は、猫における循環器系の病気、「心筋症」「貧血」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

猫は「アワビを食べると耳が落ちる」

ネコは「アワビを食べると耳が落ちる」というのはホント!貝類を食べたネコは、「ビオフェオフォルバイトa」のせいで「光線過敏症」という病気にかかってしまいますので、ネコに貝類を食べさせてはいけません。