MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

 

大量に水を飲み尿の量が急激に増える病気があります。

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%99%e3%82%8b%e8%8c%b6%e3%83%88%e3%83%a9
今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「尿崩症(にょうほうしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

尿崩症(にょうほうしょう)

猫の脳における「下垂体」から分泌される抗利尿ホルモンの分泌不全、あるいは腎臓の機能不全によって発症するのが「尿崩症(にょうほうしょう)」です。

「尿崩症(にょうほうしょう)」の原因・症状

「尿崩症(にょうほうしょう)」は猫においては稀な病気です。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の症状としては、尿の量が急激に増加し、排尿された分の水分を補うために大量に水を飲むようになります。
失禁や夜尿症などの症状が現れることもあります。
また、飲み水を常に探し回り落ち着きがなくなったり、「脱水症状」や「高ナトリウム血症」による痙攣などの神経症状が現れることもあるようです。
「ナトリウム」は体内における水分バランスをとる役割をしており、「ナトリウム」の濃度が高くなることで浸透圧が上昇し水分が細胞外に排出されてしまい、細胞が死滅してしまうこともある危険な状況が「高ナトリウム血症」です。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の原因は、猫の脳における「下垂体」から分泌される抗利尿ホルモンである「バソプレッシン」の分泌不全による「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」と、尿を作り出している腎臓における「バソプレッシン受容体」の機能不全による「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」とに分けられます。

 

「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」

「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」の原因としては、腫瘍、あるいは交通事故による頭部の外傷、外科手術による場合などが挙げられます。
原因が脳における下垂体、視床下部の腫瘍である場合、視覚欠損や発作など神経症状が見られる場合があります。
治療としては、合成バソプレッシン製剤を点眼や点鼻で投与することになるでしょう。

 

「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」

「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」の場合、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」や「尿細管間質性腎炎(にょうさいかんかんしつせいじんえん)」などの腎疾患、また「高カルシウム血症」や「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」などの代謝病と併発して発症します。
(※「腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
(※「癲癇(てんかん)、クッシング病(副腎皮質機能亢進症) : 飼い主が知っておきたい重い病気」)
治療としては、サイアザイド系利尿剤などの投与が行われることになるでしょう。
また、腎臓における基礎疾患の内容によって治療内容が決まります。

 
動物病院での診断は、多飲多尿の症状の確認、血液検査などによって行われることになります。
水分の多飲を把握するためには、与えた水の量と飲み残した水の量を計測して体重1kgあたり45ml/日以上水を飲んでいるかどうかを確認します。
早期発見早期治療が大切ですので、普段から猫の状態を観察し異常を感じたら速やかに獣医師に診てもらうことが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

口内炎、歯肉炎、歯周炎 : 飼い主が知っておきたい口の病気

猫の口におけるトラブルもよく発生することの一つですので、猫の口についても飼い主は普段からチェックしておきたい箇所です。今回は、猫における口の異常、「口内炎」「歯肉炎・歯周炎」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

バルトネラ症(猫ひっかき病) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

人間にも感染する恐れのある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「バルトネラ症」(猫ひっかき病)について見ていきます。

ボルデテラ症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫に感染すると重症化する可能性の高い細菌性・ウイルス性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ボルデテラ症」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫同士のケンカや交通事故などによる外傷が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)」について見ていきます。

線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)、脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の脊髄における疾患についてです。今回は、猫の脳脊髄疾患、「線維軟骨閉塞症(せんいなんこつそくせんしょう)」「脊髄炎(せきずいえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

アジソン病(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患

腎臓の上部に位置する副腎皮質の異常から発生する病気についてです。今回は、猫の内分泌・代謝性疾患、「アジソン病」(副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう))について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓において発生する病気で、老猫によく見られる疾患があります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」について見ていきます。