MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。

%e5%af%82%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%aa%e8%a1%a8%e6%83%85%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気であり腫瘍性疾患である「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

Sponsored Link

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は猫における発生は稀だと言われています。

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」の原因・症状

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は、膀胱(ぼうこう)に発生する腫瘍のことで、その多くは悪性腫瘍だと言われています。
しかし中には「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」など良性腫瘍である場合もあります。
「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は、比較的中齢、老齢の猫に発生しやすい傾向にあるといわれています。
悪性腫瘍である「移行上皮癌(いこうじょうひがん)」の場合、膀胱(ぼうこう)だけではなく尿道内にも発生します。
(※「胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患」)
症状としては、「膀胱炎(ぼうこうえん)」とほぼ同じで、血尿や頻尿、排尿困難などが現れ、膀胱内に腫瘍があることによって常に感染、炎症を伴います。
しかし「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」の場合、「膀胱炎(ぼうこうえん)」とは違い、抗生物質の投与や止血剤の投与を行っても効果は表れません。
(※「膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
早期発見早期治療のためには、猫に異常がみられたら速やかに動物病院に連れていき獣医師に診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、「膀胱炎」や「尿路感染」の症状と類似するため区別する必要があります。
超音波検査、X線検査、CT検査などによって腫瘍塊の有無を確認、また尿中の異形細胞を確認することで確定診断が行われることになるでしょう。
治療としては、「移行上皮癌(いこうじょうひがん)」の場合は、外科手術による暴行の部分切除、抗がん剤の投与が行われることが一般的であるようですが、予後は悪く再発しやすいというのが現状です。
また内科的緩和治療として「ピロキシカム」などの抗炎症剤の投与が行われることもあります。
「ピロキシカム」は、腫瘍の増大、臨床症状の緩和などの効果が認められているといわれます。
また、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」には「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」など良性腫瘍の場合もあります。
「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」の場合は、外科手術により完全に摘出することで治癒が可能です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に腫瘍やかさぶた、びらん、しこりができる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」、「皮膚組織球腫(ひふそしききゅうしゅ)」について見ていきます。

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫の目における悪性腫瘍についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)、接触性過敏症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

食生活や刺激物への接触など普段の生活環境が影響して起こる皮膚炎があります。 今回は、猫における皮膚の病気、「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」「接触性過敏症」について見ていきます。

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫を飼っている場合は、オス特有の病気にも注意が必要です。今回は、オス猫の病気、「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)」「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」について見ていきます。

寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の大腸における寄生虫による病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「寄生虫性腸炎(きせいちゅうせいちょうえん)」について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

アキレス腱断裂 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

アキレス腱が切れると「ベタ足」と呼ばれる状態になってしまいます。今回は、猫の骨関節疾患、「アキレス腱断裂」について見ていきます。

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

高血圧症 : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

全身の血圧が上昇している状態になる病気が「高血圧症」です。今回は、猫における循環器疾患、「高血圧症」について見ていきます。

[白血球増加症・減少症]好塩基球(こうえんききゅう)増加症、単球(たんきゅう)増加症、リンパ球増加症・減少症 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

血液中の「白血球」が増加、減少することによる異常についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「白血球増加症・減少症」における、「好塩基球(こうえんききゅう)増加症」「単球(たんきゅう)増加症」「リンパ球増加症・減少症」について見ていきます。