MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

膀胱に発生する腫瘍の多くは悪性腫瘍です。

%e5%af%82%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%aa%e8%a1%a8%e6%83%85%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気であり腫瘍性疾患である「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」について見ていきます。

Sponsored Link

膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は猫における発生は稀だと言われています。

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」の原因・症状

「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は、膀胱(ぼうこう)に発生する腫瘍のことで、その多くは悪性腫瘍だと言われています。
しかし中には「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」など良性腫瘍である場合もあります。
「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」は、比較的中齢、老齢の猫に発生しやすい傾向にあるといわれています。
悪性腫瘍である「移行上皮癌(いこうじょうひがん)」の場合、膀胱(ぼうこう)だけではなく尿道内にも発生します。
(※「胆管系(たんかんけい)における腫瘍、膀胱(ぼうこう)腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患」)
症状としては、「膀胱炎(ぼうこうえん)」とほぼ同じで、血尿や頻尿、排尿困難などが現れ、膀胱内に腫瘍があることによって常に感染、炎症を伴います。
しかし「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」の場合、「膀胱炎(ぼうこうえん)」とは違い、抗生物質の投与や止血剤の投与を行っても効果は表れません。
(※「膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
早期発見早期治療のためには、猫に異常がみられたら速やかに動物病院に連れていき獣医師に診てもらうことが大切です。
動物病院での診断は、「膀胱炎」や「尿路感染」の症状と類似するため区別する必要があります。
超音波検査、X線検査、CT検査などによって腫瘍塊の有無を確認、また尿中の異形細胞を確認することで確定診断が行われることになるでしょう。
治療としては、「移行上皮癌(いこうじょうひがん)」の場合は、外科手術による暴行の部分切除、抗がん剤の投与が行われることが一般的であるようですが、予後は悪く再発しやすいというのが現状です。
また内科的緩和治療として「ピロキシカム」などの抗炎症剤の投与が行われることもあります。
「ピロキシカム」は、腫瘍の増大、臨床症状の緩和などの効果が認められているといわれます。
また、「膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)」には「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」など良性腫瘍の場合もあります。
「平滑筋腫(へいかつきんしゅ)」の場合は、外科手術により完全に摘出することで治癒が可能です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

流涙症、第三眼瞼露出(瞬膜突出) : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫に異常はないかどうか普段から観察しておくことも飼い主の重要な役割だと思います。今回は、猫における目の病気、「流涙症」「第三眼瞼露出(瞬膜突出)」について見ていきます。

膵炎(すいえん) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

これまで生前の診断が難しかった病気があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「膵炎(すいえん)」について見ていきます。

幽門狭窄(ゆうもんきょうさく) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃の出口に当たる幽門部が肥大してしまい、十二指腸へ排出できなくなってしまう疾患があります。 今回は、猫における消化器系の病気、「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」について見ていきます。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

肺炎、膿胸、鼻炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

中には進行が早く命を脅かす病気の恐れもありますので、猫が咳をしていたら早めに獣医師に診てもらうことが重要です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「肺炎」「膿胸」「鼻炎」について見ていきます。

肝リピドーシス : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝細胞に過剰に脂肪が蓄積する、猫の脂肪肝についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「肝リピドーシス」について見ていきます。

卵巣における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

メス猫特有の卵巣における腫瘍は、報告例としては少ない病気です。今回は、猫における腫瘍性疾患、「卵巣における腫瘍」について見ていきます。

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫の目における悪性腫瘍についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。