MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。

%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b
今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

多飲多渇症(たいんたかつしょう)

強いストレスが原因で「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」が起こることもあります。

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因・症状

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」は、飲水と尿の量が通常より増加する症状のことで、あらゆる腎疾患において症状として見られます。
また、「糖尿病(とうにょうびょう)」や「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」、「尿崩症(にょうほうしょう)」などの病気における症状としても表れます。
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
(※「尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
あるいは、猫が強いストレスを感じたときも発生する恐れがあります。
動物病院での診断は、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因となっている疾患を鑑別することで行われます。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の場合、脳下垂体の異常による「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」と、腎臓の異常による「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」があります。
「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」の場合は、抗利尿ホルモンである「バソプレッシン」の投与が行われます。
しかし「バソプレッシン」を投与しても改善されない場合は「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」の疑いがあると診断されることになるかもしれません。
「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」には先天的な異常が原因である場合と、他の腎疾患が原因となっている場合があります。
先天性の腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)は極稀ではありますが、治療としてはサイアザイド系利尿薬の投与を行ったり、あるいは低タンパク、低ナトリウム食を与えるなどの食事療法が行われることになるでしょう。
腎疾患における原因疾患がある場合は、第一に原因疾患に対する治療が行われることになるでしょう。
日頃から猫の様子をよく観察し、病状を悪化させる前に早期に発見できるよう心がけることが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄内の造血細胞における異常、腫瘍性に増殖する疾患についてです。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)」「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」について見ていきます。

病気は早期発見が重要!猫の行動をみて異変をチェック

ほんの些細な違いでも、早めに気づいてあげることが病気や怪我の早期発見につながります。違った行動をとっていたら、猫の体の調子が悪い時のではないか疑ってみましょう。

門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

「シャント」と呼ばれる異常な血管による病気についてです。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと)」について見ていきます。

胃潰瘍(いかいよう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

胃粘膜の深くまでを欠損してしまうと「胃潰瘍(いかいよう)」になります。今回は、猫における消化器系の病気、「胃潰瘍(いかいよう)」について見ていきます。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫の心臓病の中でも多い傾向にあるのが「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」です。今回は、猫における循環器疾患、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」について見ていきます。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

[非再生性貧血]再生不良性貧血、赤芽球癆(せきがきゅうろう) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

骨髄での赤血球産生能低下が原因で起こる「非再生性貧血」について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「非再生性貧血」である「再生不良性貧血」「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」についてです。