MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。

%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b
今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

多飲多渇症(たいんたかつしょう)

強いストレスが原因で「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」が起こることもあります。

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因・症状

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」は、飲水と尿の量が通常より増加する症状のことで、あらゆる腎疾患において症状として見られます。
また、「糖尿病(とうにょうびょう)」や「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」、「尿崩症(にょうほうしょう)」などの病気における症状としても表れます。
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
(※「尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
あるいは、猫が強いストレスを感じたときも発生する恐れがあります。
動物病院での診断は、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因となっている疾患を鑑別することで行われます。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の場合、脳下垂体の異常による「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」と、腎臓の異常による「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」があります。
「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」の場合は、抗利尿ホルモンである「バソプレッシン」の投与が行われます。
しかし「バソプレッシン」を投与しても改善されない場合は「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」の疑いがあると診断されることになるかもしれません。
「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」には先天的な異常が原因である場合と、他の腎疾患が原因となっている場合があります。
先天性の腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)は極稀ではありますが、治療としてはサイアザイド系利尿薬の投与を行ったり、あるいは低タンパク、低ナトリウム食を与えるなどの食事療法が行われることになるでしょう。
腎疾患における原因疾患がある場合は、第一に原因疾患に対する治療が行われることになるでしょう。
日頃から猫の様子をよく観察し、病状を悪化させる前に早期に発見できるよう心がけることが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

どんな猫でも病気になってしまうリスクはあります。普段の生活の中でよく観察し病気の早期発見が大切です。今回は、猫における消化器系の病気、「糖尿病(とうにょうびょう)」「毛球症(もうきゅうしょう)」について見ていきます。

猫は「青魚」を食べ過ぎると病気になる

ネコが「サンマ」や「イワシ」などの「青魚」を食べ続けると、おなかや胸のあたりにしこりができ始め、皮下脂肪が炎症を起こし、痛みを感じるようになり、すると人に触られるのを嫌がったり歩行障害を起こしたり、症状がひどいと死んでしまうこともあります。

咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)、腫瘍随伴性筋炎(ずいはんせいきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の体の筋肉に起こる病気についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」「腫瘍随伴性筋炎(しゅようずいはんせいきんえん)」について見ていきます。

猫に「イカ」を食べさせると腰を抜かす

猫に食べさせてはいけないものの一つに「イカ」があります。「イカ(生)」を食べると猫は腰を抜かしてしまいます。なお「タコ」も同様に食べさせてはいけません。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

腸炎(ちょうえん)、肛門嚢炎(こうもんのうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

病気でトイレが不快だと非常に辛いのは猫も一緒です。今回は、猫における消化器系の病気、「腸炎(ちょうえん)」、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」について見ていきます。

[再生性貧血]失血性貧血 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、その原因などから少し詳細について見ていきます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中でも「再生性貧血」である「失血性貧血」についてです。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「大動脈」は心臓から全身へ血液を送る太い血管で重要な役割を担っています。今回は、猫における循環器疾患、「大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)」について見ていきます。

肝外胆管閉塞(かんがいたんかんへいそく) : 飼い主が知っておきたい肝臓・胆道・膵臓の病気

肝臓から腸を結んでいる「胆管(たんかん)」(肝外胆管)が閉塞する異常があります。今回は、猫における肝臓・胆道・膵臓の病気、「胆管炎(たんかんえん)・胆管肝炎(たんかんかんえん)」について見ていきます。

脱毛症、食物アレルギー : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

猫が感じるストレスや、ノミ、ダニの寄生が原因となる皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「脱毛症」「食物アレルギー」について見ていきます。