MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

多飲多渇症(たいんたかつしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

水を飲む量と尿の量が通常より増加する症状についてです。

%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b
今回は、猫における腎・泌尿器の異常、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

多飲多渇症(たいんたかつしょう)

強いストレスが原因で「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」が起こることもあります。

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因・症状

「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」は、飲水と尿の量が通常より増加する症状のことで、あらゆる腎疾患において症状として見られます。
また、「糖尿病(とうにょうびょう)」や「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)」、「尿崩症(にょうほうしょう)」などの病気における症状としても表れます。
(※「糖尿病、毛球症(もうきゅうしょう) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
(※「尿崩症(にょうほうしょう) : 飼い主が知っておきたい内分泌・代謝性疾患」)
あるいは、猫が強いストレスを感じたときも発生する恐れがあります。
動物病院での診断は、「多飲多渇症(たいんたかつしょう)」の原因となっている疾患を鑑別することで行われます。
「尿崩症(にょうほうしょう)」の場合、脳下垂体の異常による「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」と、腎臓の異常による「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」があります。
「中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)」の場合は、抗利尿ホルモンである「バソプレッシン」の投与が行われます。
しかし「バソプレッシン」を投与しても改善されない場合は「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」の疑いがあると診断されることになるかもしれません。
「腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)」には先天的な異常が原因である場合と、他の腎疾患が原因となっている場合があります。
先天性の腎性尿崩症(じんせいにょうほうしょう)は極稀ではありますが、治療としてはサイアザイド系利尿薬の投与を行ったり、あるいは低タンパク、低ナトリウム食を与えるなどの食事療法が行われることになるでしょう。
腎疾患における原因疾患がある場合は、第一に原因疾患に対する治療が行われることになるでしょう。
日頃から猫の様子をよく観察し、病状を悪化させる前に早期に発見できるよう心がけることが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。

猫に「ネギ」を食べさせてはいけません

「長ネギ」をはじめ、「玉ねぎ」「ニラ」「らっきょう」なども「ネギ」類ですので、猫に食べさせてはいけません。猫が「ネギ」類を食べてしまうと「ネギ中毒」になり、元気がなくなったり嘔吐やふらつき、下痢や血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大などの症状がでます。

[リンパ・造血器腫瘍]免疫不全 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「免疫不全」は、大きく「先天性」と「後天性」に分けられます。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「免疫不全」について見ていきます。

骨腫(こつしゅ)、脳腫瘍(のうしゅよう) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

転移しない良性腫瘍が大きくなりすぎて悪化したり、ゆっくりと成長する腫瘍があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「骨腫(こつしゅ)」「脳腫瘍(のうしゅよう)」について見ていきます。

白内障、緑内障 : 飼い主が知っておきたい目の病気

人間と同様に、特に年齢を重ねるとかかりやすい目の病気があります。あるいは目の外傷や他の病気との併発によって起こる病気もあります。今回は、猫における目の病気、「白内障」「緑内障」についてです。

急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

小腸の異常により、急に消化器症状が発生することがあります。今回は、猫における消化器系の病気、「急性小腸疾患(きゅうせいしょうちょうしっかん)」について見ていきます。

結晶尿(けっしょうにょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

ミネラル成分が尿中で結晶を形成することがあります。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結晶尿(けっしょうにょう)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

脾臓(ひぞう)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脾臓(ひぞう)における腫瘍では「肥満細胞腫」「リンパ腫」の発生リスクが高い傾向にあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「脾臓(ひぞう)における腫瘍」について見ていきます。