MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%a1%94
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

Sponsored Link

腎アミロイドーシス

「腎アミロイドーシス」は、「アミロイド」というタンパク質があらゆる臓器、細胞に沈着してしまうことで発症する病気です。

「腎アミロイドーシス」の原因・症状

「腎アミロイドーシス」は、異常タンパク質である「アミロイド」が臓器や細胞に沈着することで発症する病気で、その根本的な原因は明確ではありません。
家族性に発症することもあることから先天性である場合もあると考えられており、「アビシニアン」や「シャム」などにおいては家族性疾患として罹患することもあるといいます。
また、免疫が関係しているとも考えられており、感染症や悪性腫瘍が関与しているのではないかと考えられています。
あるいは原因がわからず突発性に発症することもあります。
「腎アミロイドーシス」の症状としては、多飲多尿、体重減少、元気消失、また腹水やむくみ、下痢、脱水症状などが現れます。
症状としては、「慢性腎不全」と同様の症状が表れます。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
また「アミロイド」が沈着した臓器によって症状が変わり、例えば肝臓に沈着している場合は、肝機能障害により出血傾向が現れたり低タンパク血症が発症することもあります。
動物病院での診断は、血液検査によって猫血清アミロイドAを確認することで行われるでしょう。
また治療としては、内科治療が行われることになりますが、「腎アミロイドーシス」を完治させる薬剤はまだ開発されていないようです。
対症療法として、「ジメチルスルフォキサイト」「コルヒチン」など「アミロイド」が引き起こす炎症を抑える薬剤の投与が試みられるかもしれません。
また「アミロイド」が沈着している部位によって治療が変わります。
腎臓において発症している場合は、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」や「慢性腎不全(まんせいじんふぜん)」の治療が行われることになります。
(※「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
また、感染症や悪性腫瘍が発見された場合は、それらの原因疾患に対する治療が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

「肺動脈」は、心臓の右心室から肺へ血液を送っている血管です。今回は、猫における循環器疾患、「肺動脈弁閉鎖不全症(はいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

猫が誤食しないように気をつけるべき植物(花・葉・茎)

万が一猫が口にしてしまうと命取りになる花や観葉植物がたくさんあります。今回は、猫が口にすると危険で、且つ部屋に飾ってあっても不思議ではない植物の一部について見ていきます。

パスツレラ感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「パスツレラ」は真菌細菌の一種で、哺乳綱や鳥綱の常在菌として存在しています。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「パスツレラ感染症」について見ていきます。

フィラリア症(犬糸状虫症) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

数年間に渡って心臓、および心臓周辺の血管で繁殖を続ける感染病があります。今回は、猫における循環器疾患、「フィラリア症」について見ていきます。

慢性腸炎(まんせいちょうえん)(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD)) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫において多く発生する小腸の病気があります。今回は、猫における消化器系の病気、「慢性腸炎(まんせいちょうえん)」(炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうえん)(IBD))について見ていきます。

前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

膝の中に位置する靭帯の損傷、断裂についてです。今回は、猫の骨関節疾患、「前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)」について見ていきます。

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

[再生性貧血]溶血性貧血(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「貧血」症状について、原因などから少し詳細について見ていきます。前回に引き続き、猫の血液・免疫系疾患である「貧血」の中の「再生性貧血」である「溶血性貧血」(ヘモバルトネラ症、ハインツ小体性、赤血球の物理的破壊)についてです。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

多発性筋炎(たはつせいきんえん)、感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

筋肉疾患を総称して「ミオパシー」とも呼ばれます。今回は、猫の筋肉疾患、「多発性筋炎(たはつせいきんえん)」「感染性筋炎(かんせんせいきんえん)、咀嚼筋筋炎(そしゃくきんきんえん)」について見ていきます。