MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

腎アミロイドーシス : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

猫の品種によっては、家族性疾患として発生することもある病気です。

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%a1%94
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎アミロイドーシス」について見ていきます。

Sponsored Link

腎アミロイドーシス

「腎アミロイドーシス」は、「アミロイド」というタンパク質があらゆる臓器、細胞に沈着してしまうことで発症する病気です。

「腎アミロイドーシス」の原因・症状

「腎アミロイドーシス」は、異常タンパク質である「アミロイド」が臓器や細胞に沈着することで発症する病気で、その根本的な原因は明確ではありません。
家族性に発症することもあることから先天性である場合もあると考えられており、「アビシニアン」や「シャム」などにおいては家族性疾患として罹患することもあるといいます。
また、免疫が関係しているとも考えられており、感染症や悪性腫瘍が関与しているのではないかと考えられています。
あるいは原因がわからず突発性に発症することもあります。
「腎アミロイドーシス」の症状としては、多飲多尿、体重減少、元気消失、また腹水やむくみ、下痢、脱水症状などが現れます。
症状としては、「慢性腎不全」と同様の症状が表れます。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
また「アミロイド」が沈着した臓器によって症状が変わり、例えば肝臓に沈着している場合は、肝機能障害により出血傾向が現れたり低タンパク血症が発症することもあります。
動物病院での診断は、血液検査によって猫血清アミロイドAを確認することで行われるでしょう。
また治療としては、内科治療が行われることになりますが、「腎アミロイドーシス」を完治させる薬剤はまだ開発されていないようです。
対症療法として、「ジメチルスルフォキサイト」「コルヒチン」など「アミロイド」が引き起こす炎症を抑える薬剤の投与が試みられるかもしれません。
また「アミロイド」が沈着している部位によって治療が変わります。
腎臓において発症している場合は、「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)」や「慢性腎不全(まんせいじんふぜん)」の治療が行われることになります。
(※「糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
また、感染症や悪性腫瘍が発見された場合は、それらの原因疾患に対する治療が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ヘモプラズマ症(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

「猫伝染性貧血」として恐れられる細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘモプラズマ症」(猫伝染性貧血・ヘモバルトネラ症)について見ていきます。

下垂体(かすいたい)における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

脳の奥に位置する「下垂体」に腫瘍ができると、視力喪失することがあります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「下垂体(かすいたい)における腫瘍」について見ていきます。

偽妊娠(ぎにんしん) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

偽妊娠になると猫にとっても飼い主にとっても精神的に非常に辛い場合もあります。今回は、メス猫に起こる症状、「偽妊娠(ぎにんしん)」について見ていきます。

目における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

猫の目における悪性腫瘍についてです。今回は、猫における腫瘍性疾患、「目における腫瘍」について見ていきます。

フライドチキン
大好物の一つ「ケンタッキーフライドチキン」は猫にとって危険

ネコにとってはカロリーが高すぎるので「フライドチキン」は与えてはいけません。また人間は気づかなくても、「鶏の唐揚げ」によく使われるオニオンパウダーが含まれているだけでもネコにとっては致命的なこともあります。

スタッドテイル、クリプトコッカス症 : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

細菌感染や真菌への感染が原因で起こる皮膚炎があります。今回は、猫における皮膚疾患、「スタッドテイル」「クリプトコッカス症」について見ていきます。

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

ヘリコバクター感染症 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

子猫のうちに親猫から感染してしまうおそれがある細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「ヘリコバクター感染症」について見ていきます。

皮膚リンパ肉腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫(悪性メラノーマ) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

皮膚に存在するリンパ球や肥満細胞、メラノサイトが腫瘍化する皮膚病があります。今回は、猫における皮膚の病気、「皮膚リンパ肉腫」、「肥満細胞腫」、「悪性黒色腫」(悪性メラノーマ)について見ていきます。

全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚型エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡) : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

抗原と免疫抗体の複合体ができてしまうことによって異常が発生する病気があります。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「全身性エリテマトーデス」(SLE)、「皮膚型エリテマトーデス」(円盤状紅斑性狼瘡(えんばんじょうこうはんせいろうそう))について見ていきます。