MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

進行がゆっくりであるため気づきづらい病気であると言われています。

%e4%b8%8a%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%e9%87%8e%e8%89%af%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」について見ていきます。

Sponsored Link

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」は稀な病気ではありますが、発症すると根治は難しい難病です。

「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」の原因・症状

「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」は、両側の腎臓に複数の「膿疱(のうほう)」が発生する病気です。
「膿疱(のうほう)」は「膿疱液(のうほうえき)」と呼ばれている液体が詰まった袋状のもので、少しずつ肥大化することで腎臓組織を押しつぶして腎機能に影響を与えていきます。
「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」が悪化すると「腎不全」に至ります。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
また「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」は遺伝性の疾患であると考えられており、親猫が「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」である場合は高い確率で子猫もこの病気を発症すると言われております。
また、「ペルシャ」など長毛の猫に発生しやすいと言われております。
「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」の症状としては、お腹の腫れ、腹部が圧迫されることによる食欲不振、体重減少、多飲多尿などがあります。
腎機能の低下は、3歳くらいから発生し緩やかに進行し、10歳くらいになると「腎不全(じんふぜん)」に至ることが多いようです。
「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」は通常痛みは伴わず、進行が緩やかであるために気づきづらい病気です。
しかし、「膿疱(のうほう)」の数が多い場合や、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」を併発している場合は痛みを伴うことがあります。
(※「腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
動物病院での診断は、触診などの身体検査、超音波検査、CT検査などによって行われることになるでしょう。
現在のところ「多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)」への根治治療は無いため、対症療法によって進行を遅らせることが必要になります。
「膿疱(のうほう)」が大きくなったら針を刺して内部の液体を吸引し症状を緩和したり、「膿疱(のうほう)」の数が多い場合や「腎盂腎炎(じんうじんえん)」などが併発している場合は抗生物質の投与が行われることになるでしょう。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

ノミ、ダニ、ツメダニ : 飼い主が知っておきたい皮膚の病気

被毛がある猫にとって寄生虫による被害のリスクは避けられません。飼い主は寄生虫のリスクを知っておくことでいち早く異常に気づき対処できるよう観察することが大切です。今回は、猫における皮膚の寄生虫病、「ノミ」「ダニ」「ツメダニ」について見ていきます。

大腸における腫瘍 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

慢性的に血便や粘液便が見られたら注意が必要です。今回は、猫における消化器系の病気、「大腸における腫瘍」について見ていきます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫同士のケンカや交通事故などによる外傷が原因で発症する関節炎があります。今回は、猫の骨関節疾患、「化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)」について見ていきます。

猫ウイルス性呼吸器疾患、慢性気管支炎 : 飼い主が知っておきたい呼吸器系の病気

ウイルス性の呼吸器疾患は、ある程度防御効果が見込めるワクチン接種が効果的です。今回は、猫における呼吸器系の病気、「猫ウイルス性呼吸器疾患」「慢性気管支炎(細気管支炎)」について見ていきます。

耳介血腫、耳介の外傷 : 飼い主が知っておきたい耳の病気

耳介(じかい)というのは外耳の一部で外に張り出しているところを指しています。今回は、猫における耳の病気や怪我、「耳介血腫」「耳介の外傷」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、腸閉塞になりやすいもの

猫は遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまう場合もありますので、様子がおかしかったら誤食による不調の可能性も疑ってみましょう。今回は、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと腸に溜まってしまったり、腸閉塞を起こしやすいものについてです。

プリオン病 : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ウイルスとも細菌とも異なる病原体で、非細胞性のタンパク質による病原体による病気があります。今回は、猫における非細胞性タンパクによる疾患、「プリオン病」について見ていきます。

精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)、前立腺異常 : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気

オス猫特有の病気や異常についてです。今回はオス猫の異常、「精巣欠損症(せいそうけっそんしょう)・停留精巣(ていりゅうせいそう)」、「前立腺異常」について見ていきます。

猫が誤食しやすく、内臓に刺さりやすいもの

つまようじやホッチキスの針、裁縫用の糸を通した状態の縫い針、床に落ちた画びょうなど、家の中で猫が誤食しやすく、食べてしまうと内臓に刺さったり傷つけてしまうものについてです。

椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍(せきずいしゅよう) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脊椎疾患によって、猫が痛くて歩けなくなる病気があります。今回は、猫の脳脊髄疾患、「椎間板ヘルニア」「脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)」について見ていきます。