MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

腎臓において発生する病気で、老猫によく見られる疾患があります。

%e8%85%8e%e4%b8%8d%e5%85%a8%e3%81%ae%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」について見ていきます。

Sponsored Link

腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)

「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」の原因は明確ではなく、老猫に発生しやすい病気です。

「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」の原因・症状

「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」は腎臓の表面を覆っている皮膜と腎臓との間に、血液や尿、浸出液などで構成される液体が溜まってしまう疾患です。
腎臓の片側だけに発生する場合と、腎臓の両側に発生する場合とがあります。
「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」の症状としては、特に痛みは感じないようですが、お腹の腫れや元気消失などが見られます。
また、「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」と併発しやすい病気として、「腎不全(じんふぜん)」が挙げられますので、注意が必要です。
「腎不全(じんふぜん)」は、タンパク質を分解する際に発生する尿素や尿酸、ナトリウムなどが取り除かれない状態で不純物が体内に残ってしまい、もし腎臓の組織が破壊されてしまった場合は、回復の見込みもない状態になってしまう危険な病気です。
「腎不全(じんふぜん)」の症状としては、水をよく飲むようになる、トイレに頻繁に行くようになり大量の尿を排泄するようになる、嘔吐や下痢、口臭、貧血などが挙げられます。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
また「腎不全(じんふぜん)」を併発していた場合、尿の状態も確認する必要があり、もし混濁、血尿などの症状が見られた場合は「尿毒症(にょうどくしょう)」も発症している可能性もあるため注意が必要です。
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
動物病院における「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」の診断は、X線検査、超音波検査、尿検査などによって行われることになるでしょう。
治療としては、腎臓の表面を覆っている皮膜と腎臓との間に溜まっている液体を定期的に吸引し除去する必要があります。
外科手術によって腎皮膜を切除する場合も考えられます。
「腎周囲偽嚢胞(じんしゅういぎのうほう)」や「腎不全(じんふぜん)」を早期発見するためには、動物病院での定期検診を行ったり、異常を感じたら速やかに獣医師の診察を受けることなどが大切です。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

[リンパ・造血器腫瘍]リンパ腫 : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

「リンパ腫」は免疫機能を担っている白血球の一種である「リンパ球」の癌です。今回は、猫の血液・免疫系疾患、「リンパ・造血器腫瘍」の一つである「リンパ腫」について見ていきます。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫の心臓病の中でも多い傾向にあるのが「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」です。今回は、猫における循環器疾患、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」について見ていきます。

食道炎(しょくどうえん) : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気

猫の食道における運動性は弱いと言われています。今回は、猫における消化器系の病気、「食道炎(しょくどうえん)」について見ていきます。

コーヒーは毒!猫に「コーヒーブレイク」はありません

猫が「コーヒー」や「緑茶」に含まれる「カフェイン」を摂取しすぎると「カフェイン中毒」になります。「ミルク(牛乳)」は猫にとって毒物というほどではありませんが、猫が飲みすぎるとお腹をこわして下痢になります。

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) : 飼い主が知っておきたい筋肉疾患

猫の筋肉における疾患についてです。今回は、猫の筋肉疾患、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」「筋硬直症(きんこうちょくしょう)・ミオトニー」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

「脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「細菌性脳炎(さいきんせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」について見ていきます。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

心臓の左心室の入り口に存在する「僧帽弁(そうほうべん)」が正しく閉じなくなってしまう病気があります。今回は、猫における循環器疾患、「僧帽弁閉鎖不全症(そうほうべんへいさふぜんしょう)」について見ていきます。

猫に生の「エビ」や「カニ」を食べさせてはいけません

ネコに生の甲殻類を食べさせてしまうと、中毒を引き起こして嘔吐や下痢を引き起こすことがあります。同様の理由により、「コイ」や「ワカサギ」などの淡水魚もネコに与えては行けないものとして、要注意です。

猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

猫から猫へ伝染るウイルス感染症があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「猫伝染性鼻気管炎(ねこでんせんせいびきかんえん)」(FVR,猫ウイルス性鼻気管炎)、「猫免疫不全ウイルス感染症」(FIV)について見ていきます。