MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

ブリティッシュショートヘア : イギリス古来の猫

 

イギリスを起源とする品種の中で最も古い猫「ブリティッシュショートヘア」についてです。

british_shorthair

by Mel

ブリティッシュショートヘアの起源

「ブリティッシュショートヘア」は、イギリスの地を起源とする品種の中では一番古くから知られている猫の品種です。
イギリス、グレートブリテン島がローマに支配された2世紀、ネズミを取らせるためにローマ人によって連れてこられた猫が「ブリティッシュショートヘア」の起源とされており、とても古い歴史を持っている品種です。
2世紀にグレートブリテン島に渡って以来、数多くの品種との交配が重ねられ、1800年台に現在の「ブリティッシュショートヘア」の原型が生まれたと言われています。
第二次世界大戦(1939年~1945年)の食糧難の時代に、他の多くの品種と同様「ブリティッシュショートヘア」も絶滅寸前までになったことがありましたが、終戦後ブリーダー達の活動によって品種の絶滅は逃れることができました。

ブリティッシュショートヘアの特徴

「ショートヘア」という言葉が名前にも入っているように毛足は短く、やや固めの被毛を持っており、また体格は筋肉質でやや大きめの頭部をもっているのが「ブリティッシュショートヘア」の特徴です。
「ブリティッシュショートヘア」の起源にもある通り元々の役割である「ネズミ捕り」としての顔を持つ一方、性格は穏やかでとても落ち着いています。
また、あまり大声で鳴き叫んだりすることもなくとても賢いネコですので、イエネコとして飼いやすい品種といえます。
「ブリティッシュショートヘア」のブルー(≒灰色)の毛色は「永遠の傑作」とも言われており、別名「ブリティッシュブルー」と呼ばれているように、その美しい被毛が有名ですが、現在は様々な毛色の「ブリティッシュショートヘア」が存在します。

 

・・・なお、「ブリティッシュショートヘア」は、我が家のネコ「メオ」の品種である「アメリカンショートヘア」のご先祖様直系の猫ということになります。

「ブリティッシュショートヘア」の基本データ

英語表記 British Short Hair
原産地 イギリス
誕生時期 1800年台
発生スタイル 自然発生(※長時間をかけて種として確立されてきた品種)
公認団体 CFA(The Cat Fanciers’ Association)、TICA(The International Cat Association)
ボディタイプ セミコビー(※やや太い)
カラー 毛色:ブルー、ブラック、ホワイト、レッド、クリーム、目色:毛色に準ずる

 - 猫の品種 , ,

お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事