MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

腎盂腎炎(じんうじんえん) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

腎臓や腎臓から尿管につながる部分の腎盂(じんう)における炎症があります。

%e3%81%8a%e5%af%ba%e3%81%ae%e9%96%80%e7%95%aa%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」について見ていきます。

Sponsored Link

腎盂腎炎(じんうじんえん)

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」は、猫における発症は比較的まれな病気です。

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」の原因・症状

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」は、腎臓から尿管につながる部分である「腎盂(じんう)」、あるいは腎臓そのものにおいて発生する炎症です。
「腎盂腎炎(じんうじんえん)」は、急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎があります。
急性腎盂腎炎の場合、症状としては元気消失、食欲不振、発熱、嘔吐、腎臓や腎盂における痛みなどがあります。
慢性腎盂腎炎の場合は、水を飲む量が増えたり、尿の量が増えたりしますが、他に特徴的な症状が無い場合が多いと言われています。
しかし、状態が悪化すると次第に「慢性腎不全(まんせいじんふぜん)」に発展するため注意が必要です。
(※「腎不全(じんふぜん)、尿失禁 : 飼い主が知っておきたい消化器系の病気」)
また、尿の状態を確認し、混濁、血尿などの症状が見られた場合、「尿毒症(にょうどくしょう)」になっている可能性もあるため注意が必要です。
(※「高窒素血症(こうちっそけっしょう)・腎不全(じんふぜん)・尿毒症(にょうどくしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気」)
「腎盂腎炎(じんうじんえん)」の原因は細菌感染であると言われておりますが、ウイルスや真菌が関係している可能性もあると言われています。
細菌、ウイルス、真菌が膀胱(ぼうこう)や尿道に感染し、腎盂(じんう)や腎臓にまで感染を広げることで炎症に発展すると考えられています。
動物病院での診断は、尿検査によって行われるでしょう。
尿の細菌培養検査によって陽性反応が表れたり、血液検査によって血液中の白血球増加が見られた場合は「腎盂腎炎(じんうじんえん)」の可能性が疑われます。
またX腺検査や超音波検査によって腎盂の状態を確認することもあるようです。
「腎盂腎炎(じんうじんえん)」の治療としては、細菌培養検査の結果に基づいて抗生物質の投与が行われることになるでしょう。
また、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」から「腎不全」にまで発展していることがわかった場合は、原因疾患である腎不全に対する治療が行われることになるでしょう。
また、食事の栄養バランスを整えたり、生活環境を整えることで猫のストレスを減らすことも治療の一環としては大切になります。

■メオナビおすすめのキャットフード

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サイエンスダイエット プロ 健康ガード 関節 1.5kg 猫用
価格:2421円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

猫に「ビール」を飲ませてはダメ!急性アルコール中毒になる

猫の体は人間と違って小さく、およそ1kgから大きくても10kg程度ですので、人間が飲んでいるアルコールを与えてしまうと少量でも急性アルコール中毒になってしまします。

結膜炎、角膜炎 : 飼い主が知っておきたい目の病気

猫が目の病気にかかったからといって目だけの異常だとは限りません。全身的な症状の一部として目にあらわれていることもありますので、他にも体の異常がないか早めに獣医師の診断をうけることが大切です。今回は、猫がかかりやすい目の病気「結膜炎」「角膜炎」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

猫の「またたび」の好きっぷりにはいつも驚き

大好物であることを例えて「猫にまたたび、お女郎に小判」などと言われるほど、猫は「またたび」が大好きです。しかし猫の「マタタビ反応」をみていると、普通ではない状態になってしまうので少し心配になってきますが、猫の体に害はないのでしょうか。

カンピロバクター感染症(カンピロバクター性腸炎) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

他の動物から感染する細菌性疾患があります。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「カンピロバクター感染症」(カンピロバクター性腸炎)について見ていきます。

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)、卵巣遺残症(らんそういざんしょう) : 飼い主が知っておきたいメス猫の病気

卵巣に関わる病気はメス猫にとってとても深刻な病です。今回は、メス猫に起こる病気、「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」「卵巣遺残症(らんそういざんしょう)」について見ていきます。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) : 飼い主が知っておきたい循環器系の病気

猫の心臓病の中でも多い傾向にあるのが「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」です。今回は、猫における循環器疾患、「肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)」について見ていきます。

ネフローゼ症候群 : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

腎臓疾患群の総称を「ネフローゼ症候群」と呼びます。今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「ネフローゼ症候群」について見ていきます。

ネコクラミジア感染症、失明 : 飼い主が知っておきたい目の病気

目だけではありませんが感染による病気については、適切な処置を早急に施さないと命の危険すら危ぶまれる可能性もあります。今回は、猫における目の病気「ネコクラミジア感染症」、また「失明」の症状について見ていきます。