MeoNavi [メオナビ]

猫と暮らすライフスタイル、猫ライフ情報を発信します

結石症(けっせきしょう) : 飼い主が知っておきたい腎・泌尿器の病気

 

猫の下部尿路疾患の代表的な病気についてです。

%e9%87%8e%e8%89%af%e7%8c%ab
今回は、猫における腎・泌尿器の病気、「結石症(けっせきしょう)」について見ていきます。

Sponsored Link

結石症(けっせきしょう)

尿における無機質、有機質が集結して結晶を形成し、更にそれらが結合して石状の固形物になることで「結石症(けっせきしょう)」が発症します。

「結石症(けっせきしょう)」の原因・症状

「結石症(けっせきしょう)」における結晶は、脱落細胞、細菌などが核となって結石を形成することで発生します。
「結石(けっせき)」が生成された部位によって、「膀胱結石(ぼうこうけっせき)」「腎臓結石(じんぞうけっせき)」「尿管結石(にょうかんけっせき)」「尿路結石(にょうろけっせき)」など、名称が変わります。
「結石症(けっせきしょう)」の多くは「膀胱結石(ぼうこうけっせき)」であると言われています。
「膀胱結石(ぼうこうけっせき)」の症状としては「膀胱炎(ぼうこうえん)」と同様に、血尿や頻尿です。
「膀胱(ぼうこう)」は、腎臓から排泄される尿を貯める気管で、膀胱から尿道を通して体外に排出します。
「結石(けっせき)」が小さい場合は、尿と一緒に自然に体外へ排出されることもあります。
また「腎臓結石(じんぞうけっせき)」、「尿管結石(にょうかんけっせき)」の場合ははっきりとした症状はあらわれないことが多いようです。
「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」は、オス猫に発生する傾向にあり、オス猫の尿道が細くなっているために発生する症状です。
「尿路結石症(にょうろけっせきしょう)」によって尿が排泄できない状態になってしまうと「急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)」にまで発展することもあるため、異常を認めたらすぐに動物病院で診てもらうことが大切です。
(※「精巣腫瘍(せいそうしゅよう)、尿路結石症(にょうろけっせきしょう) : 飼い主が知っておきたいオス猫の病気」)
動物病院での診断は、腹部単純X腺検査で「結石(けっせき)」を確認することで行われますが、X腺には写りづらい「尿酸結石」など透過性の結石も存在するため、腹部超音波検査、二重造影検査などを併用し診断を行うこともあるようです。
尿pHが高くアルカリ性である場合に発生しやすいと言われる「ストラバイト結石」という結石の種類である場合が最も多いと言われており、「ストラバイト結石」である場合は、尿の酸化剤が入っている食事を数ヶ月間摂取し、結石溶解治療という食事療法にて治療が行われますが、それ以外の結石である場合は、外科手術によって摘出する必要がある場合もあります。

 - 猫の健康・病気 , ,

Sponsored Link
 
お役に立ったら、クリック頂けると幸いです。

  関連記事

Q熱(きゅうねつ) : 飼い主が知っておきたい細菌・ウイルス感染症

ダニなどの吸血昆虫が感染源として可能性の高い細菌性疾患についてです。今回は、猫における細菌・ウイルス感染症、「Q熱(きゅうねつ)」について見ていきます。

ホルネル症候群、顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の顔や表情、目、口、鼻、耳に異常が現れる病気があります。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「ホルネル症候群」「顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)」について見ていきます。

三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)、突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

猫の神経における異常についてです。 今回は、猫の脳脊髄疾患、「三叉神経麻痺(さんさしんけいまひ)」「突発性前庭障害(とっぱつせいぜんていしょうがい)、虚血性神経筋症(きょけつせいしんけいきんしょう)」について見ていきます。

原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)、灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん) : 飼い主が知っておきたい脳脊髄疾患

脳炎(のうえん)」「髄膜炎(ずいまくえん)」は脳実質に炎症を起こしている状態です。今回は、猫の脳脊髄疾患、「原虫性脳炎(げんちゅうせいのうえん)・髄膜炎(ずいまくえん)」「灰白脳脊髄炎(かいはくのうせきずいえん)」について見ていきます。

[止血凝固異常]播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん) : 飼い主が知っておきたい血液・免疫系疾患

体の中で血液が固まってしまう病気があります。今回は、猫の血液・免疫系疾患である「血液凝固異常」における「播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)」について見ていきます。

軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ) : 飼い主が知っておきたい腫瘍性疾患

体のいろいろな箇所で、皮膚に硬い塊ができる病気があります。今回は、猫における腫瘍性疾患、「軟部組織肉腫(なんぶそしきにくしゅ)」について見ていきます。

外耳炎、耳疥癬(耳ダニ症) : 飼い主が知っておきたい耳の病気

猫が耳を掻く回数が増えたり、耳垢が多く出たり、猫の耳に異常を感じたら迅速な対処が必要です。今回は、猫における耳の病気、「外耳炎」「耳疥癬(みみかいせん)(耳ダニ症)」について見ていきます。

破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯垢・歯石(しこう・しせき) : 飼い主が知っておきたい口の病気

虫歯や歯垢、歯石など猫における口の異常についてです。今回は、猫における猫における口の異常、「虫歯」、「歯垢・歯石(しこう・しせき)」について見ていきます。

危険!猫に食べさせてはいけない果物

人間が食べて美味しいと感じる果物でも、猫にとっては毒になってしまうことがあります。猫の飼い主は、与えてはいけない果物について把握しておく必要があります。今回は、猫に与えてはいけない果物についてです。

骨折、外傷性脱臼 : 飼い主が知っておきたい骨関節疾患

猫の骨関節疾患についてです。今回は、猫の骨関節疾患として、「骨折」「外傷性脱臼」について見ていきます。